アニメ「安達としまむら」第11話、独占欲が爆発!? 勇気を見せた安達に声優・鬼頭明里も「健気だった…」
番組をみる »

 12月17日より順次放送中のアニメ「安達としまむら」第11話は、消極的だった安達が一歩踏み出すエピソードだった。

 「安達としまむら」は、同名ライトノベル(原作:入間人間/イラスト:のん)が原作。人付き合いと親が苦手な主人公・安達(CV:鬼頭明里)と、サボり仲間のしまむら(CV:伊藤美来)の関係が少しずつ変化していくストーリーだ。

 前回放送された第10話では、しまむらと幼なじみの樽見(CV:茅野愛衣)がデートをする展開だった。樽見が勇気を出してアプローチするも、しまむらは無意識に安達と樽見を比較するなど、どこか心ここにあらずな様子……。なかなか報われない樽見に対して、Twitter上では「樽見に感情移入してしまって見てて辛い…」「なんか切なく感じちゃう……」「頑張ってるの好感持てる」などの声が上がった。

▶映像:しまむらに必死にアプローチする樽見…「安達としまむら」#10

 第11話「月と決意と 決意と友と」では、占い師からアドバイスを受けた安達が勇気を出す姿が描かれた。しまむらから逃げないと決意した安達は、彼女とクラスメイトの輪に入るなど、これまでにないほど積極的な行動に出た。安達が思い切ってしまむらにハグするシーンもあり、しまむらへの深い愛が伝わってくるようなエピソードだった。ファンからは「安達の成長を感じられるいい話だった」「積極的な安達にニヤニヤが止まらない 」「二人の特別な絆が見えるのも尊い」といったコメントが相次いだ。安達役を演じる声優の鬼頭明里も「ものすごく勇気を出して頑張っている安達が健気だった…」と感慨深げにツイートしていた。

(C)2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

実質6か月無料のチャンス!ABEMAプレミアムなら「安達としまむら」が全話見放題
実質6か月無料のチャンス!ABEMAプレミアムなら「安達としまむら」が全話見放題
ABEMA
【単独最速】安達としまむら #11
【単独最速】安達としまむら #11