中村倫也、初のエッセイ集で作家デビューも「恥部中の恥部」!?
番組をみる »

 俳優の中村倫也(34)が「恥部中の恥部だ」と語る初のエッセイ集で作家デビューすることが発表された。

 2005年にデビューした中村は、2014年に初主演を務めた舞台『ヒストリーボーイズ』で第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。2019年には日本映画テレビプロデューサー協会が選定するエランドール賞で新人賞を受賞している。

 今回のエッセイ集『THE やんごとなき雑談』では、俳優のリアルな日常がつづられており、ロゴや挿絵イラストもすべて本人が描くなど、アイデアと思いが溢れる1冊となっているという。

 執筆にあたり、自意識を爆発させたという中村は「この2年間、僕個人の生活の中で感じた本音とやらを、できるだけ丁寧に綴ってみた。つまり言い逃れのできないこれらは、恥部中の恥部だ。そんなものが世に出るなんて…。しかし恥ずかしい時は敢えて大声を出すと相場は決まっている。だから声高らかに言おう。買ってくだしゃい!!お願いします!!!」と、ユーモアたっぷりにコメントした。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

中村倫也 作家デビューは”恥部中の恥部”
中村倫也 作家デビューは”恥部中の恥部”
中村倫也出演『屍人荘の殺人』
中村倫也出演『屍人荘の殺人』
中村倫也出演『ホリデイラブ』
中村倫也出演『ホリデイラブ』