「得意なことを前面に出すのはリスキー」 ひろゆき&弘中綾香アナが就活生にアドバイス、自身の“自己PR”も #アベマ就活特番
番組をみる »

 3月1日から全面解禁となった2022年卒の就職活動。しかし、コロナ禍によって企業の新卒採用枠は縮小。この春卒業予定の大学生を対象とした求人倍率は前年から0.3ポイント低下の1.53倍となり、0.5ポイント低下したリーマンショック後以来、10年ぶりの就職氷河期を迎えている。

【映像】ひろゆき&弘中アナの“自己PR”は

 就職活動に取り組む学生からは「50社受けて全滅…心折れそう」「Fラン文系でES(エントリーシート)全然通らない…」「たくさん受けているうちに何がしたいのかわからなくなった」といった声も。

 そこで今回、2ちゃんねる創設者のひろゆき氏とテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーによる『就活お悩み相談室』を開設。スタジオに集まった悩める就活生4人に2人がアドバイスを送った。

 冒頭、4人の「自己紹介」を聞いたひろゆき氏は、「『◯◯が得意です』と前面に出すのは諸刃の剣だと思う」と指摘。「例えば、100人いる中で一番英語が上手いのであれば得意だと言えるが、20番目くらいだと『英語が得意な人は多いし、他に得意なことがないなら要らないかな』と思われてしまう。また、自分は頭がいいと言ったとして、『じゃあ頭がいいことを証明してもらっていいですか?』と返されても、それはできない。他の人と比べられたり証明したりしないといけないスキルは、言わないほうが安全だと思う」と話す。

「得意なことを前面に出すのはリスキー」 ひろゆき&弘中綾香アナが就活生にアドバイス、自身の“自己PR”も #アベマ就活特番

 すると、「ひろゆきさんが自己PRするとしたらどうしますか?」という質問が。ひろゆき氏は次のように答えた。

 「『大学時代から会社をやっていたので、決算書類は全部書けます。留学していたので英語を喋れますし、営業もできるし、プログラムも書ける。一通り会社で必要なことは、個人事業レベルではできるので、何でもやれますけど色々教えて下さい』という感じのことを僕なら言う」

 学生側から感嘆の声があがる中、弘中アナも自身の就職活動を振り返り、「私は『大学時代に部活のマネジャーをやっていたので、球拾いとかゼッケンを洗ったりとか、地味で誰もやりたくないようなことを一生懸命できる人です』と言ってアピールしていた。会社に入っても“こういう子は使えそうだな”って思われるだろうな、と」と説明した。

 また、特技としてどの会社の面接でも「いっこく堂」のモノマネを披露しているという松原咲樹さん(筑波大学大学院・修士1年)から、「このモノマネを面接でやるべきか」という悩みが寄せられると、ひろゆき氏は「それはありだと思う。例えば、面接を100人やって10人を二次面接に進めるという時に、印象に残らない人は忘れてしまう。『あのいっこく堂の人面白かったよね』は絶対に言われるので、そういう意味ではかなり便利。真面目そうな感じだけどモノマネも実はできる、っていうちょっと普通と違う感じを出せばいい。意外性は一瞬チラッと見せるので十分だと思う」と勧めた。(ABEMA/『どうする?withコロナの就活&働き方』より)

Fランから上場企業3社内定 学生に聞く就活術
Fランから上場企業3社内定 学生に聞く就活術
【模擬面接】田端信太郎が就活生にマジレス&「面接合否のワケ」を解説
【模擬面接】田端信太郎が就活生にマジレス&「面接合否のワケ」を解説