日向坂46・加藤史帆、リスナーからの“神曲”を大絶賛「アイドルみたいな感じで、感動しました」
番組をみる »

 日向坂46加藤史帆(23)が、火曜パーソナリティーを務める文化放送『レコメン!』で、リスナーから加藤に捧げる"神曲"『ししに出逢えた奇跡』が誕生した。

【映像】リスナーが加藤史帆に捧げた"神曲”の詳細

 同曲は今月14日がホワイトデーということで、リスナー20人で「ふわふわず」というユニットを組み、恩返しの気持ちを込めて制作し、歌唱したという。

 曲を聞いた加藤は、「めっちゃ面白かったです。感動しました。アイドルみたいな感じで、合唱、ユニゾンみたいな。歌声がはかない感じがしました」と大絶賛した。

日向坂46・加藤史帆、リスナーからの“神曲”を大絶賛「アイドルみたいな感じで、感動しました」

 同じくパーソナリティーを務めるお笑いトリオ・オテンキのり(42)は、「これをみんな自分たちで作るのが恐ろしいですよね。全然みんなの声が聞こえてこない薄さが良いですよ。誰も、誰も邪魔しない感じの」と、曲の完成度について皮肉交じりに驚きを見せた。

 番組後半では「ふわふわず」のメンバーからのメールが紹介され、誰も居なくなった職場でのレコーディング、リーダーがスパルタ指導、メンバーに入れなかったリスナーがいたことも明かされ、それを聞いた加藤は、「レコメンリスナーが凄すぎて脳みそが追い付いていないです」とコメントした。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

日向坂46加藤史帆に捧げる“神曲”誕生
日向坂46加藤史帆に捧げる“神曲”誕生
日向坂46・佐々木久美、人生初のだるま落としに成功 新たなチャレンジは?
日向坂46・佐々木久美、人生初のだるま落としに成功 新たなチャレンジは?