「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd seasonも大詰め スバル役・小林裕介が明かすオットー、ガーフィール、ベアトリスへの思い
番組をみる »

 回を追うごとに、さらにファンの心を踊らせ続けている人気アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、リゼロ)。2nd seasonは、前半クールで散りばめられた謎が後半クールで次々と明かされる爽快な展開で、いよいよラストスパートという状況だ。主人公ナツキ・スバルを演じる声優・小林裕介も「見ていてスッキリする話数が多かった」と、ファンと同じ思いを持ちながら放送される日々を過ごしていた。まもなく迎える最終回。後半クールの印象的なシーンや、各キャラクターについて抱いた思いを聞いた。

――謎多き前半クールから、後半クールは「解決編」とも言えるような展開が続きました。ファンの反応など、どう感じていましたか。

 小林裕介(以下、小林) 今まで溜まり溜まっていた謎やモヤモヤを、どんどん紐解いて解決していったので、演じていても見ていてもスッキリする話数が多かった印象です。みなさんの反応も、それぞれのキャラクターに対する見方が180度変わるものが多かったんじゃないでしょうか。ガーフィールもそうですし、ロズワールもそうですし。リューズやベアトリスにもこういう過去があったのかと。放送が終わった後、必ずどれかのキャラクター名がTwitterのトレンドに入っていて、それぐらいみなさんの関心がしっかりリゼロに向いてくれているんだなと、うれしく思っていました。

「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd seasonも大詰め スバル役・小林裕介が明かすオットー、ガーフィール、ベアトリスへの思い

――前半クールの終盤から後半クールにかけては、オットーの活躍が光りました。

 小林 オットーには「『信じろ!』って言やぁいいんですよ!」っていうパワープレイ(39話=STRAIGHT BET)でスバルは納得させられていましたけど、僕は正直「本当にそれでいいの?男の友情ってすげえな」と思っていました(笑)ただ実際、過去を振り返ってみると、彼にもいろいろと大変なものがあって、スバルに救われる形で一命を取りとめていました。言ってしまえば義理人情の部分がちゃんと根底にあって、それでスバルの力になりたいと思ってくれていた。しっかりとしたバックボーンがあってのことだったので、余計にオットーのことを信じられるようになりましたし、悔しいですけど「いい奴だな」と思いましたね。

――登場した当初は頼りなさそうな面も多く見られたオットーでしたが、2nd seasonはかっこいいポイントがたくさんありました。小林さんが特にかっこいいと思ったシーンはどこでしょうか。

 小林 えー!そりゃ、あそこですよ。ガーフィールと対した時の「代役などはいかがでしょう」です(39話=STRAIGHT BET 終盤のシーン)。痺れますよね。とんでもない自信だと思いました。スバル以上に修羅場をくぐり抜けてきたという箔というものが、こいつにはあるんだと思わされる1カットでした。小林的に「あ、こいつ、何か隠し持っているな」と期待をさせてくれましたね。

「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd seasonも大詰め スバル役・小林裕介が明かすオットー、ガーフィール、ベアトリスへの思い

――体力、腕力では敵わないガーフィール相手に、そこまで自信を持てたのはなぜでしょう。

 小林 オットー本人もスバルに言っていましたけど、誰かを頼ることをしろって言うだけあって、虫や動物たちをふんだんに使って、みんなの協力を得て、ガーフィールに立ち向かって行きましたからね。それに最終的にはラムにも根回しをしている周到さ、ある意味で他力本願というか、でもだからこそ、自分の力が足りなくても勇気が得られたんじゃないかなと思います。みんなを信じていたんでしょうね。

「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd seasonも大詰め スバル役・小林裕介が明かすオットー、ガーフィール、ベアトリスへの思い

――スバルとガーフィール、お互いの思いのぶつかり合いも見どころでした。

 小林 後半クールは「正義と悪」のぶつかり合いじゃなくて、どっちも正しい、「正しさと正しさ」のぶつかり合いなんです。だからスバルも自分の正しさをぶつけて、「そういう正しさもアリなのか」と相手も認める構図になっている。ガーフィールも最終的にはスバルの男らしさなのか、男らしくないところなのか、そういうところに惹かれて仲間になってくれたので、ある意味14歳らしくもありましたね。

――戦いが終わり、14歳であることも判明すると、途端にかわいらしさも見えてきました。

 小林 本当にかわいいんですよ。スバルを「大将」と認めてからの顔を赤らめる回数とか(笑)。ガーフィール役の岡本信彦さんのお芝居にもキュンキュンしちゃって「すごい役者さんだな」と思っていました。

「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd seasonも大詰め スバル役・小林裕介が明かすオットー、ガーフィール、ベアトリスへの思い

――アフレコ現場でも、そのあたりから雰囲気が変わることもありましたか。

 小林 ガーフィールとは前半クールも後半クールも掛け合っていましたが、仲がよくなってからの変わり方があまりにも急降下すぎて笑いそうになっちゃって(笑)。僕も引っ張られて変な声になっちゃったこともあるんですが、それも芝居のおもしろさかなと思いましたね。

「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd seasonも大詰め スバル役・小林裕介が明かすオットー、ガーフィール、ベアトリスへの思い

――聖域でのエキドナ、ロズワール、リューズとの過去が明かされたベアトリスですが、スバルとのシーンもまた大きな見どころとなりました。

 小林 「スバルって本当にブレないな」と思ったのが、そのシーンでした(47話=水面に映る幸せ)。「馬鹿か、お前。俺がお前の、その人なんてわけのわからない奴のわけねぇだろ」って(笑)。とりあえずベアトリスを禁書庫から引っ張り出すために、ウソでもつけばいいじゃんと思うんですけど、ウソをつかないじゃないですか。それで結果、事態をややこしくしてるんですけど、変に妥協した行動をしても、なんの解決にもならないことを彼はよく知っているからこそ、絶対に曲げずに、ある種彼のわがままを通すんです。だから「(その人に)なってやれないけど、それ以上にお前のことを大切にしてやれるぞ」と言ったんだと思います。

「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd seasonも大詰め スバル役・小林裕介が明かすオットー、ガーフィール、ベアトリスへの思い

――こういう時のスバルの言葉には力強さと勢いがあります。

 小林 何の根拠もないけれど、本気で言っているんですよ。そういうところは1st seasonの時から変わっていないんですよね。でもあのころだと「何言ってんだ?」という言い回しも、今のスバルだと最高にかっこよく見えるし、不思議な説得力があって。そういうものがベアトリスとのシーンではすごく詰め込まれていますので、僕は気に入っています。ベアトリスもほっとけないキャラクターで、エミリアに近いものを感じるんです。そういうキャラクター好きなんですよね(笑)。

 キャラクターたちが持つそれぞれのストーリーが明らかになり、より奥行きを増したリゼロの世界。小林自ら「僕としては本当に感慨深いシーンがあります」と語る最終回までに、もう一度名シーンの数々をおさらいしておくのもよさそうだ。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd #25
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd #25