悲劇のジュースは狂気のペテルギウスへ…「リゼロ」スバル役・小林裕介「松岡禎丞君を大好きになった」「愛に!の意味は知りたくなかった」
番組をみる »

 いよいよクライマックスを迎える「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、リゼロ)の2nd season。前半クールで各方面に張り巡らせた伏線を、後半クールで一気に回収するという流れは、ナツキ・スバル役の小林裕介によれば「どこかRPGっぽいところもあった」というほど、爽快感のあるものだった。そんな中で、1st seasonと2nd seasonで大きく印象が変わったキャラクターが大罪司教・怠惰担当のペテルギウス・ロマネコンティ。エミリアの第一の試練で明らかになったジュースと名乗っていたそのキャラクターの悲しい過去と変貌ぶりは、小林の胸に強烈に突き刺さるものがあった。最終回が近づいた2nd seasonの振り返りとともに、悲しき大罪司教についての思いを聞いた。

――謎いっぱいの前半クールから、真相が次々と明らかになる後半クール。小林さんの目にはどう映っていましたか。

 小林裕介(以下、小林) 前半クール終了時点で、それぞれのキャラクターの思惑や、起きたことの本当の意味というのが何もわからなかったので、結局「敵なの?味方なの?」と、僕もみなさんもなっていたと思います。誰もがいろいろ知っているようだけど「本当にどこまで知っているの?」という点が多かった中で、キャラクターの過去がどんどんわかるにつれて「こういうことを思っていたんだな」と。それぞれ意見が明確になったことですっきりしたし、そのおかげでスバルにとっても「こうやって解決していけばいいんだ」というビジョンが明確になりました。その次に実際の方法がどんどん確立されて、その解決策がわかる感じで明示していくというのが、すごくわかりやすかったです。どこかRPGっぽいところもありましたね。すごく親切な道筋で解答編を作ってくれているなという気がします。

悲劇のジュースは狂気のペテルギウスへ…「リゼロ」スバル役・小林裕介「松岡禎丞君を大好きになった」「愛に!の意味は知りたくなかった」

――各キャラクターの過去が明かされ、印象も変わる中、ファンの心に強く残ったのがジュース(ペテルギウス)についてでした。この点について聞かせてください。

 小林 ジュースのシーン(44話=エリオール大森林の永久凍土)を見て、改めて演じている松岡禎丞君のことを大好きになりましたね。僕はアニメでジュースの存在を知りましたが、松岡君はジュースの存在を知ったうえで1st seasonのペテルギウスを演じていたので、本人しかわかり得ない苦しみがあったと思うんです。

――パンドラの罠にかかり愛する人を自ら殺めてしまうという、あまりにつらい現実がジュースの心を壊してしまいました。

 小林 ジュースという過去を知ったいまでも、僕は1st seasonでペテルギウスがやったことは絶対に許さないですけど、そこまでに至った過程に関しては、全ての悪はパンドラにあります。怒りの矛先が少しだけ軽くはなりました。でもそれはあくまで僕だけの話ですからね。スバルはわかっていないですし。そういうところも切ないですね。

悲劇のジュースは狂気のペテルギウスへ…「リゼロ」スバル役・小林裕介「松岡禎丞君を大好きになった」「愛に!の意味は知りたくなかった」

――ペテルギウスに対しての印象で、他に変わった点などはありましたか。

 小林 最近、またペテルギウスが乗り移ったスバルを演じる時があったんですけど、全然心持ちが違いますね。彼がよく叫んでいた「愛に!」の意味が、実はそういうものだったのかと。演じる身としては「なんか知りたくなかったな…」という気持ちもあります。結局「悲しい宿命を背負ったキャラクターばかりだな、リゼロは」と思いましたね。

――真っ直ぐにフォルトナを愛していたからこそ、その反動も強かったのでしょうか。

 小林 原作の長月達平先生が「ペテルギウスは大罪司教の中でも一番まともなキャラクターなんですよ」とおっしゃっていたことがあって。「何を言ってるんだ?」とか思っていたんです(笑)。だけど彼の言っている狂気じみた言葉の中には、ジュースの頃の気持ちも含まれている。そう考えるとようやく納得できた気がします。

悲劇のジュースは狂気のペテルギウスへ…「リゼロ」スバル役・小林裕介「松岡禎丞君を大好きになった」「愛に!の意味は知りたくなかった」

 エミリアの母代わりを務めたフォルトナを愛したジュースは心が壊れ、後にペテルギウスとなりエミリアを想うスバルと戦い、敗れることになったのは悲しき運命。逆にスバルと出会ったことで心を通わせ、仲間となっていくキャラクターも多くいたのが2nd season後半クールの大きな特徴でもあった。小林が「感動を与えてくれるエピソードがギュッと詰め込まれています」と語る大注目の最終回は、果たしてどんなものになっているのか。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd #25
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd #25