「そこはダメでしょ!」運転手が“撮り鉄”に激高 鉄道ファン「撮りたくなる気持ちはわかるが…」
番組をみる »

「そこはダメでしょ!」

 河川敷に怒鳴り声が響き渡った。先週水曜、JR中央線の立川駅から日野駅に向かう電車が緊急停止。約26分間の立ち往生を余儀なくされた。

【映像】撮り鉄の問題行動に激高する運転手 

 その原因は、電車の進行方向の線路わきに群がり、向かってくる電車にカメラを向ける15人ほどの「撮り鉄」の集団。列車の急ブレーキの甲高い音が周囲に響くと、この集団は三々五々になり現場から走り去っていった。このとき、15人ほどが線路の柵を乗り越えて撮影を行っており、そのうち3人が線路内に取り残されていたという。

 この日にラストランを迎えた踊り子185系の廃車輸送を目的とした集まりだったというが、予想外の事態を受け咄嗟に運転席から身を乗り出した車掌が「そこはダメでしょ! こういうルールを守っていないから、こうなるのではないですか?」と思わず声を荒らげると、「皆さんのために電車がとまっているのですよ」と一喝し、諭す一幕も見られた。

 この出来事に撮り鉄歴3年の鉄道ファンは「JRで走っている電車の中で、唯一の国鉄型特急なんです。見かけるとテンションが上がる、撮りたくなる気持ちはわかるが、ルールは守って欲しい。撮り鉄全体のイメージも悪くなってしまう」と憤りを露にした。

 お笑いタレントの千原ジュニアが「集団心理で、あれだけいたら、まあいいか。となったような気もする」と話すと、週刊SPA!副編集長の田辺健二氏は「このような方たちが、ある意味では日本経済を回しているという側面はあるが、皆さんルールを守っている方が大半。運転手も怒っていたが、本当はもっと恫喝したかっただろう。人命にもかかわることなので、あり得ないことだ」と話した。(ABEMAABEMA的ニュースショー』)

【映像】撮り鉄の問題行動に車掌が激高 
【映像】撮り鉄の問題行動に車掌が激高 
「単独でもスピード違反なのに…」高速道で恐怖の遭遇、“連なって走る”車の戦慄映像 【ABEMA TIMES】
「単独でもスピード違反なのに…」高速道で恐怖の遭遇、“連なって走る”車の戦慄映像 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
目と内臓以外は“スケスケ” 深海イカの貴重映像「ファンタジーの生き物」驚きの声 【ABEMA TIMES】
目と内臓以外は“スケスケ” 深海イカの貴重映像「ファンタジーの生き物」驚きの声 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES