家族6人で豪雪地帯へ 移住系YouTuberの活動に専門家「実際に来てくれる100人を大切に」ヒットのコツは“連携”
番組をみる »

 一面広がる銀世界と抜けるような青空。動画には大雪が降ったあとの雪かきや、地元農家が収穫作業をする様子が映っている。場所は豪雪地帯、新潟県・津南町。YouTubeで動画を発信しているのは、津南町公認YouTuberの南雲一人さんだ。

【映像】晴れ渡る空と雪景色…新潟県・津南町で見られる美しい銀世界

「2020年の6月に埼玉県さいたま市から、新潟県津南町へ移住しました。一家6人で、妻と子供4人で新潟県津南町に引っ越してきました」

 映像制作の会社で撮影や編集の仕事をしていた南雲さん。ずっと田舎暮らしに憧れていて、子供たちと一緒に思い出を作れる移住先を探していたという。家族には反対されなかったのだろうか。

家族6人で豪雪地帯へ 移住系YouTuberの活動に専門家「実際に来てくれる100人を大切に」ヒットのコツは“連携”

「反対の声はありました。特に上の2人が高校生なので。『友達と、離れたくない』とか『転校したくない』とかそういう気持ちがあったみたいで。最初は猛反対。役場の方と相談している中にも同席して、一緒に話をしていった。その中でこのYouTuberの話があった。『やりたい、面白そう』と僕の気持ちを言ったときに『それならついて行ってみよう』みたいな風に思ってくれたのかなって気はします」

 移住先を探す過程で津南町の役場を訪れた際に、提案されたYouTubeの情報発信活動。偶然にも、町が探していた人材と、南雲さんのスキルが重なり、地域おこし協力隊として移住が決まった。

 津南町観光地域づくり課の石沢久和課長は、YouTubeを活用する狙いについてこう話す。

「新型コロナ以前から、やっぱり地方への回帰が一つの流れとしてある。そこを津南町としても『つかんでいかなきゃいけない』と思ったが、津南町は『夏は良いが冬は怖い』というイメージがあった。その中で、地域おこし協力隊を『津南住みますYouTuber』という形でやってみると面白いんじゃないかと思った。日々の生活の状況を映像発信して『あまり苦ではないよ』と宣伝したいと思っていた」

 町の思いを受け、南雲さんは津南町の日常を情報発信。都会から移り住んだ子供たちの表情、地元住民との交流、周囲の風景、一般的にイメージされるYouTuberのような企画はなく、津南町の何気ない暮らしを描いた映像が並ぶ。

 移住してからまもなく1年。南雲さんに「今感じていること」を聞いた。

家族6人で豪雪地帯へ 移住系YouTuberの活動に専門家「実際に来てくれる100人を大切に」ヒットのコツは“連携”

「やっぱり印象に残るのは雪です。『こんなに降るのか』と。『いつまで降り続くんだろう』と不安な気持ちもある中、晴れ間をすごく感じた。豊かな自然に何度も癒された」

 動画には、全国からコメントが寄せられている。

「驚きました。『こんなに全国から皆さん見てくれているんだな』と感じた。寄せられたコメントが『応援してます』や『こういう風にやったらいいですよ』などのアドバイス的な内容もあって、すごく心が温まって励まされた」

 町公認YouTuberとして「津南町に移住する人の後押しができれば」と語る南雲さん。それと同時に目指しているのが、町の活性化だ。

家族6人で豪雪地帯へ 移住系YouTuberの活動に専門家「実際に来てくれる100人を大切に」ヒットのコツは“連携”

「主催の方が思いを込めたイベントがあって、そのイベントを町の人たちがけっこう撮影している。すごく上手な写真や、特殊機材を使った動画があって、それを集めて僕が編集させてもらって、1つの映像としてまとめるようなやり方もいいんじゃないかと思っています。でき上がった映像を見て『次はこういう改善をしていこう』『次はここを活かしていこう』と、活性化の架け橋になれたらうれしいです」

■YouTubeアナリスト・関口ケント「再生数や登録者数が全てじゃない」

家族6人で豪雪地帯へ 移住系YouTuberの活動に専門家「実際に来てくれる100人を大切に」ヒットのコツは“連携”

 今では6人組YouTuberグループ・東海オンエア(拠点:愛知県岡崎市)などの活躍もあり、地方とコラボレーションして地域活性化を手助けするような活動も見られるようになってきたYouTuberたち。

 YouTubeアナリスト・関口ケント氏は「芸能人やアスリートがYouTubeチャンネルを立ち上げたことで、自治体に理解されるようになってきた」とコメント。年齢層が上の人もYouTubeを認知してくれるようになり「取り組みやすくなった」という。その上で「再生数や登録者数が全てじゃない」と評価指標に言及する。

「トラブルが起きないよう、どのように自治体と連携して、円滑にやっていくかがポイント。僕は動画の再生数や登録者数が全てじゃないと思う。南雲さんの『つなすみチャンネル』も登録者数は約700人だが、いろいろな方がコメントしてくれている。何万人に見てもらうよりも実際に町に来てくれる100人、200人を大切にすること。コメントを見て『こうしたほうがいい』などのアドバイスはどんどん取り入れていくべき。若年層で東京にいるメリットがないような人が地方で思いっきり活動できるような募集が、今後もあるだろう」

(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【映像】家族6人で豪雪地帯へ 移住系YouTuberの活動
【映像】家族6人で豪雪地帯へ 移住系YouTuberの活動
「桜と雪」自然の奇跡を捉えた“コラボ写真”に感動の声
「桜と雪」自然の奇跡を捉えた“コラボ写真”に感動の声
ABEMA TIMES