4月13日(火)よりABEMAで配信される『恋する♥週末ホームステイ 2021春 Tokyo』の主題歌にRin音の新曲「raspberry feat.A夏目」が決定した。

 ゲストに迎えたA夏目は、昨年末から配信された『恋する♥週末ホームステイ 2020冬 Tokyo』の参加メンバーでもあり、つい最近高校を卒業したばかりの若手ラッパー。番組内でも、思いを寄せていた女性に自作の歌「東京の冬」をプレゼントをするなど、不器用ながらも等身大の表現で視聴者の心をつかんだ。今回、「raspberry」制作にいたった背景と、福岡、熊本と九州出身の二人がどのようにして音楽に打ち込むようになったのか聞いた。

Rin音、A夏目出演の『恋ステ』は「自分の黒歴史を思い出す」

――新曲はかなりBPM早めで明るいサウンドメイクになりましたね。これまでのお二人の曲とはガラッと印象が変わった感じで。

Rin音:そうですね。この二人のイメージは「snow jam」「東京の冬」とか落ち着いた曲調だと思うんですけど、それだけじゃないぞっていう。「恋」っていうテーマをいただいてたので、聴いた人が明るくポジティブになれるようには意識していました。

――A夏目さんは、途中でポエトリーラップするような箇所もありますね。

A夏目:なんかしゃべりたいなあって思って。僕も今までとは違った面を見せたかったんですよね。

Rin音:A夏目と、歌詞のキーワードをいろいろやり取りをしていていく中で、「しゃべりたい」という要望を聞きました(笑)。 

――そもそもなんですが、お互いをどのタイミングで認識したんですか?

A夏目:一昨年ぐらいですかね。クボタカイさん(Rin音のレーベルメイトであり友人)のInstagramのストーリーで、イベントの控室みたいなところで“歌詞のこだわり”について語っているRin音さんを見たのが最初で。

Rin音:なんかあったなそんなこと(笑)。僕が知った時は、まだ「A夏目」っていう名前じゃなかったと思うんですけど、事務所から「カッコいい子がいるよ」っていうことで教えてもらったのが最初です。実際聞いてみて良かったし、若いのにすごいなあと素直に思いました。俺もうかうかしてられんなと。

A夏目:……ありがとうございます(照笑)。

――A夏目さんが『恋ステ』に出ていたのは見てましたか?

Rin音:ちょろちょろと見ていたんですけど、途中でこっ恥ずかしくなっちゃって。恋愛映画と違って、恋愛リアリティーショーはうまくいかなかったりすることばかりじゃないですか。むしろ現実においてはそれが普通だから、自分の黒歴史が思い出されてしまって、ずっとは見れなかったです(笑)。

A夏目:出ていた自分が一番恥ずかしいですよ。自分がどの場面でどんなことを言ったか覚えているので、自分が出た瞬間に音量を下げてました(笑)。家で見ていたんですが、僕は部屋で一人、家族は親戚で集まって見ていましたね。初回と最終回だけみんなで見ました。

――家族の反応はどうでした?

A夏目:最終的にはフラレてしまったんですけど、家族は「それでよかったい」みたいな。お母さんだけは告白のシーンを何回も見て、何回も泣いているんです(笑)。僕も人の恋愛模様を見てみたいですね。 

「A夏目」以前に名乗っていた名前とは

――ふたりともラップに興味を持ったのは「MCバトル」がきっかけですよね。

Rin音:それこそ「高校生ラップ選手権」とか「UMB」でしたね。いまほど認知度もないからYouTubeにもあまりなく、最初はニコニコ動画で見たのかな。その時熱があったんですけど、見た瞬間「なんだコレ?」って体調悪いのが吹っ飛ぶぐらい衝撃受けましたね。

A夏目:僕は高校生ラップ選手権第4回のT-Pablowさん対かしわさんを見てからです。韻を即興で作るシーンもカッコよかったんですが、自分みたいに見た目が弱そうで体がちっちゃい人でも、タトゥーの入ったゴリゴリの肉体の人とも対等に渡り合えるっていうのが魅力で。

――A夏目さんもバトルをやっていたと思うんですが、映像は見当たらないんですよね……。

A夏目:そう、僕弱いからバトルの映像ないんですよね(笑)。一応、熊本のUMBとか佐賀の戦極には出てました。

Rin音:バトル出てた時はA夏目っていう名前だったの?

A夏目:いえ、マッシュボブっていう名前で。

Rin音:えっ?

A夏目:マッシュボブ。

Rin音:俺、それ知らんかったわ(笑)。

A夏目:バス釣りのルアーの種類に「マッシュボブ」っていうのがあってそこから付けたんです。でもその名前で活動していくのがなんか嫌だなあと思っていたときに、国語の授業の教科書で夏目漱石が目に入って、夏目ってなんかいいなと。「A(ア)」を最初に付けたのは検索ですぐ出てくるからです。

「やっぱり地元で活動したい」その真意

――ふたりとも九州にずっと住んでいるということで聞きたかったんですが、東京に出て活動することに対しての思いってありますか?

Rin音:僕はとくにないですね。東京が怖い(笑)。もともと人見知りなので、モノが多かったり人口密度が高いところは落ち着かなくて……田舎でずっと暮らしているのが性に合ってます。制作もネットでやり取りできるから支障もなくて。

A夏目:僕、半年ぐらい前まで東京に憧れがあって、高校卒業したら住もうと決めていたんですが、「恋ステ」に出て東京行きだしたら満足しちゃって、「やっぱり熊本でいいかな」って。

Rin音:旅行で一回も行ったことがないまま「東京に住む!」って決めて上京してたら、ずっといたかもしれないですね。最初に仕事でホテルに泊まってということを経験したので「もうええわ」っていう気持ちになっちゃって。

A夏目:歌詞を考える時、いつも家の近くの畑のふちを歩きながら考えているので、そもそもそういう環境がないとキツいなと。東京にそんな田舎ありますかね?(笑)

Rin音(リンネ)

1998年生まれ、福岡県宗像市出身のラッパー。18歳で活動を開始し、数々のMCバトルの大会で輝かしい戦績を残す。2020年2月に配信リリースした「snow jam」は、Spotifyの週間バイラルチャートで1位を獲得し、YouTubeでのミュージックビデオの再生数は2070万回を突破(2021年4月現在)。同年6月に初のフルアルバム『swipe sheep』をリリースした。

A夏目(アナツメ)

熊本県出身・在住のラッパー。高校在学中の2020年から音楽制作をはじめ、独自にYouTubeなどに楽曲を投稿し続ける。その後、自身が憧れるアーティストを輩出するレーベル「ROOFTOP」に音源を送ったところ、スタッフの目に留まり、同年11月に1stEP「この夜のこと」をリリース。

テキスト:東田俊介

写真:You Ishii

[最新]恋する♥週末ホームステイ 2021春 Tokyo | 恋リア | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
[最新]恋する♥週末ホームステイ 2021春 Tokyo | 恋リア | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
恋する♥週末ホームステイ 2020冬 Tokyo - 本編 | 恋リア | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
恋する♥週末ホームステイ 2020冬 Tokyo - 本編 | 恋リア | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】