『オールスター感謝祭』の人気企画"まばたき我慢"にザコシ・永野らが挑戦!まさかの結果にスピワ小沢「一番いい」と評価
番組をみる »

 19日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、ノーセンス芸人たちが長寿番組の人気企画に挑戦した。

 この日は「春のノーセンスユニークボケ王決定戦SP」と題して、センスのあるオシャレなボケができない「ノーセンス芸人」たちによる恒例企画を実施。みなみかわがMCを務め、オジンオズボーン・篠宮暁ハリウッドザコシショウ永野サンシャイン池崎をゲストに招きネタを競い合った。

『オールスター感謝祭』の人気企画"まばたき我慢"にザコシ・永野らが挑戦!まさかの結果にスピワ小沢「一番いい」と評価

 今回行われた企画の1つである「ノーセンス まばたき我慢」は、『オールスター感謝祭』(TBS系)の人気企画「まばたき我慢対決」のノーセンス版。指名された1人が何秒間まばたきを我慢できるか、“ノーセンス”に挑戦をするというものだ。

 みなみかわが「最低1分ぐらいはいってほしい」と語ったが、一番手の篠宮は「スタートです!」と、ストップウォッチを押した直後に「あー!」と叫びながら目を閉じてしまう。期待を裏切る内容にスピードワゴン小沢一敬は「一番いいよ」と評価した。

『オールスター感謝祭』の人気企画"まばたき我慢"にザコシ・永野らが挑戦!まさかの結果にスピワ小沢「一番いい」と評価

 続いて挑戦をした池崎は目を見開いてやる気満々に見えたが「スタート」の掛け声とほぼ同時に終了。目を閉じてしまった理由について「片まぶた1トンずつある。あとコンタクトが4兆トンあります」とボケて、実際にコンタクトをはずして再度挑戦するも、結果は大きく変わらなかった。

 3人目の永野は14秒。4人目のザコシショウは白目をむくという“裏技”で26秒をたたき出し、勝者はザコシショウとなったが、改めて全員が一緒にチャレンジをするという流れに。

 挑戦者たちは次々と目をつむり、篠宮は「目を手のひらで隠す」というオキテ破りの技を使ったが、手をどけると目をつむっていたためゲームは終了。タイムは伸びずに結局ザコシショウが勝者となったが、本人は「目が疲れちゃった」と苦笑いしていた。

【見逃し配信中】春のノーセンスユニークボケ王決定戦SP
【見逃し配信中】春のノーセンスユニークボケ王決定戦SP
3人が㊙︎ものまねで登場!?ものまね祭り【7.2 新しい別の窓#36】
3人が㊙︎ものまねで登場!?ものまね祭り【7.2 新しい別の窓#36】
サンシャイン池崎が「呪術廻戦」虎杖コスプレで“宿儺の指”を実食!?リアルすぎる「漫画メシ」に反響続々
サンシャイン池崎が「呪術廻戦」虎杖コスプレで“宿儺の指”を実食!?リアルすぎる「漫画メシ」に反響続々
ABEMA TIMES