ミルクボーイ、コンビ仲が悪化した暗黒時代 「無名若手でも受かる予選で敗退」
番組をみる »

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、芸人のミルクボーイ(内海崇、駒場孝)が登場し、「夢を追う際にしくじらないための授業」を行った。

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシ吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントの伊集院光、乃木坂46秋元真夏、モデルの莉子らが出演。

ミルクボーイ、コンビ仲が悪化した暗黒時代 「無名若手でも受かる予選で敗退」

 2013年頃、賞レースで結果が出せずに悩んでいた駒場は「1番大事なのは先輩付き合い」という噂を聞き、週6で淡路島でバーベキューをするなど、急速に人脈を開拓していった。しかし、駒場が売れるために寝る間も惜しんで先輩付き合いする間、相方の内海は「ギャンブル三昧」だったという。

▶見逃し配信中:ミルクボーイ、コンビ仲が悪化した暗黒時代を明かす(32分10秒頃~)

 内海は「駒場がいろいろやってるから、ネタ合わせの時間とかは少ないわけですよ。『ほんならやったー!競馬できる!』って感じです」という。中央競馬、地方競馬、競艇などをやっていたと明かすと、吉村は「これ内海の方が寝てませんよ!このラインナップ」とコメントし、笑いを誘った。さらに内海は「土日は地方競馬、月曜だけはお休みいただいてまして」と説明し、出演者らは爆笑。

ミルクボーイ、コンビ仲が悪化した暗黒時代 「無名若手でも受かる予選で敗退」

 しかし、駒場は内海に対して「ギャンブルはお笑いにつながらない」と不満を抱いていたという。一方で内海は、「駒場は淡路島で楽しんでるだけやん」と思い、2人はすれ違ってしまった。週1回はネタ合わせをしていたが、会話はほぼゼロだったという。

 コンビ仲が悪化した結果、劇場でもまったくネタがウケなくなり、不人気芸人になってしまったミルクボーイだが、さらに衝撃の出来事が起こる。2014年の『THE MANZAI』の予選において、1回戦で敗退したのだった。

ミルクボーイ、コンビ仲が悪化した暗黒時代 「無名若手でも受かる予選で敗退」

 秋元が「これヤバいんですか?」と質問すると、吉村は「(芸歴)1年目とかでも受かるよね」といい、内海も「無名の若手でも受かる」と同意した。駒場も頷き「大きい声出したら受かるくらいの」というと、出演者らは爆笑。

 当然、後輩芸人らはみんな受かっており、そこそこ芸歴がある自分らが落ちた状況は「めちゃくちゃ恥ずかしかった」と語った。

ミルクボーイ、コンビ仲が悪化した暗黒時代 「無名若手でも受かる予選で敗退」

 さらに、これをきっかけに、数少ないファンも離れてしまった。唯一の熱狂的ファンは内海の恋人となり、結婚したことが明かされると、女性からは「どういうこと!?」と驚きの声が上がった。吉村は「ギャンブルするやつはそうなんだよ!」と叫び、スタジオは笑いに包まれていた。

ギャンブル三昧…ミルクボーイ、M-1チャンピオン前の知られざる迷走期を告白!
ギャンブル三昧…ミルクボーイ、M-1チャンピオン前の知られざる迷走期を告白!
史上最強王者 ミルクボーイと考える! M-1の勝ち方大研究SP
史上最強王者 ミルクボーイと考える! M-1の勝ち方大研究SP