金属バット、インディーズ時代のミルクボーイについて明かす「めちゃくちゃ尖ってた」「おもんない奴リストを作ってた」
番組をみる »

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、芸人のミルクボーイ(内海崇、駒場孝)が登場し、「夢を追う際にしくじらないための授業」を行った。

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシ吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントの伊集院光、乃木坂46秋元真夏、モデルの莉子らが出演。

 M-1グランプリの終了をきっかけに、2010年から5年間漫才をサボり続けたミルクボーイ。2016年からは本格的に再スタートを切り、2018年には代名詞でもある「オカンが忘れた漫才」も完成させた。

金属バット、インディーズ時代のミルクボーイについて明かす「めちゃくちゃ尖ってた」「おもんない奴リストを作ってた」

 そんなミルクボーイをよく知るのが、後輩芸人の金属バット(小林圭輔、友保隼平)だ。金属バットは以前からミルクボーイと合同ライブをやっている仲だといい、今回VTRで登場した。

 インディーズ時代のミルクボーイに対する印象を聞かれた金属バットは、「ネタがとにかくおもろい」と褒めつつ、「めちゃくちゃ尖った先輩」と意外な一面も告白。「駒場さんはピンッピキピン」「(内海は)昔は若い小デブのケン吐くやつ」と暴露した。さらに2人とも「よく悪口言ってた」そうで、「おもんない奴リスト」を作っていたと明かされると、スタジオからは驚きの声が上がった。

▶見逃し配信中:昔のミルクボーイが作っていた「おもんない奴リスト」とは(29分15秒頃~)

金属バット、インディーズ時代のミルクボーイについて明かす「めちゃくちゃ尖ってた」「おもんない奴リストを作ってた」

 また、ミルクボーイが5年間漫才をサボっていた時期、駒場が先輩付き合いに明け暮れていたことについて聞かれると、友保は「こっから駒場さんが狂いだしたんですよ」、小林は「ホンマに嫌いやった」「外のテレビ局で会うと無視されてた」とぶっちゃけた。

 その後、漫才の道に戻ってきたミルクボーイは、「漫才だけのライブをしたい」と金属バットを合同ライブに誘ったといい、2人は「変わったなと思った」と振り返った。また駒場が「おもんない奴リスト最新版」を書いたそうで、そこに「レディ・ガガ」と書かれていたのを見た小林は「帰ってきたんやな」と実感したという。

金属バット、インディーズ時代のミルクボーイについて明かす「めちゃくちゃ尖ってた」「おもんない奴リストを作ってた」

 ミルクボーイのネタについて友保は「昔とシステムは変わらないけど、面白さは死ぬほど増した」と絶賛。しかし、最後にミルクボーイへのメッセージを求められると、「内海さん、昔バイト中、外で出会ったときにチャリンコでわざわざ僕のとこ近づいてきて『お前ロン毛キショイな』って言ったの死ぬまで忘れません」と”金属バット節”で締めくくった。

M-1チャンピオンまでの暗黒期!伝説ネタ完成までの軌跡を初告白!!
M-1チャンピオンまでの暗黒期!伝説ネタ完成までの軌跡を初告白!!
▶動画:ミルクボーイ駒場、売れない頃の1日のスケジュール(30分17秒頃~)
ギャンブル三昧…ミルクボーイ、M-1チャンピオン前の知られざる迷走期を告白!
ギャンブル三昧…ミルクボーイ、M-1チャンピオン前の知られざる迷走期を告白!
史上最強王者 ミルクボーイと考える! M-1の勝ち方大研究SP
史上最強王者 ミルクボーイと考える! M-1の勝ち方大研究SP