瀬戸大也「世界記録も視野に入れ、自分を信じて練習していきたい」競泳ジャパンオープン400メートル個人メドレーで優勝
番組をみる »

 初日を迎えた競泳ジャパンオープン(千葉県国際水泳場)の400メートル個人メドレー決勝で、瀬戸大也選手が4分9秒88の記録で優勝した。

 瀬戸はレース後のインタービューで「前半は積極的に行きたいなと思っていたので、実際に早く入れたのは良かった。ただ平泳ぎ、自由形と、タイムが思ったより伸びなかったのは残念。4分10秒を切れたのも良かったが、日本選手権でのタイムを上回りたかったので、全く納得は行っていない」とコメント。

瀬戸大也「世界記録も視野に入れ、自分を信じて練習していきたい」競泳ジャパンオープン400メートル個人メドレーで優勝

 「ちょっとスピードが出きっていないところもあるが、練習のコンディションは絶好調の時に戻ってきているので、明日、明後日と良い泳ぎができるようにしていきたい。オリンピックまであと50日。照準を合わせればタイムはがっと上がって来ると思う。自己ベスト、4分4秒台、そして世界記録も視野に入れて、自分を信じて練習していきたい」とも話していた。

競泳ジャパンオープン2021
競泳ジャパンオープン2021