アニメ「ひぐらしのなく頃に卒」5話、理性を失った魅音が衝撃的すぎる ゆきのさつきの演じ分けが圧巻
番組をみる »

 7月22日より順次放送中のアニメ「ひぐらしのなく頃に卒」第5話では、園崎魅音(CV:ゆきのさつき)が、極度の人間不信や異常行動を起こす“雛見沢症候群”を発症する過程が描かれた。

【動画】「ひぐらしのなく頃に卒」全話リスト

 「ひぐらしのなく頃に卒」は、同人サークル「07th Expansion」によるサウンドノベルゲームを原作としたTVアニメシリーズの新プロジェクト版。2020年10月~2021年3月に第1クール「ひぐらしのなく頃に業」が放送され、7月から放送開始した本作では第1クールで起きた惨劇の真相が明かされる。

 第4話では、時間をループする力を持つ北条沙都子(CV:かないみか)が能力を駆使して拳銃を手に入れた。さらに沙都子は、雛見沢症候群を発症したことのない魅音を次のターゲットにすることを決意。注射器を持った沙都子が魅音の背後に忍び寄る描写もあり、視聴者からは「控えめにいってやばすぎでしょ」「拳銃の入手ルートも判明したか」「単なる興味本位なんだよな…」などの反響が寄せられた。

 そして迎えた最新話「綿明し編 其の弐」では、雛見沢を支配している園崎家の次期頭首である魅音が雛見沢症候群を発症してしまった。さらに魅音は、自身が想いを寄せる前原圭一(CV:保志総一朗)と、双子の妹・詩音(CV:ゆきのさつき)が祭具殿に忍び込んだことを知ると「詩音のせいでオヤシロ様の祟りは圭ちゃんを選んだ」と激昂。正気を失った魅音は、逃げ出そうとする詩音に襲いかかった。

 強い精神力を持つ魅音が理性を失う姿に、衝撃を受けたファンも多かったらしい。Twitter上では「妙なリアリティがあって怖すぎる」「恋する乙女は怒らすと怖い」「今までの発症の中で1番悲惨じゃない?」「心抉られる回でした」といったコメントが続出。また、魅音役と詩音役を演じる声優・ゆきのさつきにも「演技力が凄すぎて涙でてくる」「圧巻…」「演じ分け本当に神がかってた」など称賛の声が相次いで寄せられていた。

第5話「綿明し編 其の弐」

【あらすじ】

大好きな圭一から人形を貰った魅音は、心ここにあらずな様子で、幸せな時間を過ごしていた。しかし、バイト中に圭一が詩音と一緒にいる場面を目撃したことで、魅音の心は激しく揺れ動く。

(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

ひぐらしのなく頃に卒
ひぐらしのなく頃に卒
ひぐらしのなく頃に業
ひぐらしのなく頃に業
ひぐらしのなく頃に
ひぐらしのなく頃に