8月20日、ABEMAにて石橋貴明が出演する特別番組「石橋貴明プレミアムvol.11 石橋貴明と友達になりませんか?」が無料配信。野性爆弾くっきー!が、石橋の印象を「最初はピーター・アーツだった」「共演したら母性を感じた」「今は大林素子」などと表現した。

くっきー!、共演を経て石橋貴明の印象に変化「最初はピーター・アーツ」「今は大林素子」
番組をみる »

【動画】くっきー!、共演を経て石橋貴明の印象に変化「最初はピーター・アーツ」「今は大林素子」

 「石橋貴明プレミアムシリーズ」は、石橋貴明が“今インターネットテレビでやりたいこと”“地上波ではやらせてもらえないこと”への思いを壮大なスケールで実現させるABEMAオリジナル番組。Vol.11では石橋と友達になりたい芸能人・一般人が石橋に友達アピールを繰り広げた。

 くっきー!が石橋と初めて会ったのは、前回の「石橋貴明プレミアムvol.10 THE強運マスターズ」。くっきー!は最初、石橋から格闘家のピーター・アーツに似たオーラを感じたという。

 しかしその共演を通じて、石橋に対する印象が変化。「すごく優しくて、母性を感じる。大林素子」と、ピーター・アーツから大林素子になったと語った。

くっきー!、共演を経て石橋貴明の印象に変化「最初はピーター・アーツ」「今は大林素子」

 85年~87年にとんねるずがレギュラー出演していた「夕やけニャンニャン」は関西で放送されておらず、見られなかったそう。それでも小学生の時に「とんねるずのみなさんのおかげです」内のコーナードラマ「仮面ノリダー」が始まると夢中になったと語り、石橋への憧れを口にした。

 45才で、ようやく石橋に会えたくっきー!。もし石橋と友達になれたら「(遅れを)取り戻すために、一緒に大学受験したい。キャンパスライフを送りたい」とボケまくりで抱負を語った。

 くっきー!は絵の方面でも才能を見せ、今では個展を開催するほど。今回は石橋のために新作を描いて来たという。

くっきー!、共演を経て石橋貴明の印象に変化「最初はピーター・アーツ」「今は大林素子」

 しかしくっきー!は「描いてきた……んですけれども。スケジュールを見た時に『ABEMA タカさんとトーク』って書いてあって、まさか石橋貴明さんとは思ってなくて、間違えた」とのこと。くっきー!がお披露目したのは“タカさん”違いのコメンテーター・高木美保が「ワイプ」で抜かれている絵。おぎやはぎ矢作兼は「高木さんが“タカさん”って呼ばれるの聞いたことない」と、くっきー!の力作ボケに大笑いで、「高木美保さんが欲しいでしょうね」「タカさんがもらってどうするんだよ(笑)」とツッコミも大忙しだった。

 くっきー!の絵は海外でも人気。矢作は「海外で名前が売れていったら、ものすごい価値になる」「ワイプでも」と今後の高騰を期待し、石橋は「家に飾る」と笑っていた。

石橋貴明プレミアム第11弾 石橋貴明と友達になりませんか? - 本編 - くっきー!がすごいプレゼントを自ら作って登場!
石橋貴明プレミアム第11弾 石橋貴明と友達になりませんか? - 本編 - くっきー!がすごいプレゼントを自ら作って登場!