胎児や赤ちゃんの遺灰で作られたお守り"クマントーン"とは?「オカルトコレクターなら誰もが持っている」
番組をみる »

 28日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、タイの驚きのお守りが紹介された。

 この日はオカルトコレクターの田中俊行、都市ボーイズ・はやせやすひろに加えて魔女占い師の叶ここをゲストに招き、人を呪うために作られたものや、期せずして呪物になってしまった「いわくつきのアイテム」を紹介していった。

▶見逃し配信中:オカルトコレクターが呪物を一挙公開「本当に恐い話SP」

 番組では「胎児・赤ちゃんの遺灰で作られたお守り」が登場。竹山は思わず「ダメじゃん」と漏らしたが、このお守りは田中・はやせの2人ともが所持しており、田中は「オカルトコレクターなら誰もが持っている」と解説した。

胎児や赤ちゃんの遺灰で作られたお守り"クマントーン"とは?「オカルトコレクターなら誰もが持っている」

 2人が取り出したのは小さなミイラのようにも見える小物で、はやせはこれがタイの「クマントーン(黄金の男児)」というお守りで、胎児や赤子の遺灰やお墓の土、ハーブなどを混ぜて作られているという。

 なかでも、はやせが持参したクマントーンは「108通りの死に方をした108人の遺灰を集めて、59人の霊魂を宿らせている」という貴重なもので、田中は「これは欲しいですね……」とうらやましがっていた。

 クマントーンの形は人間をかたどったもの以外にもさまざまで、クマントーンをまつるためだけのお寺もタイにはあるそう。はやせによれば「呪術ストリート」のようなものがあり、そこで購入できるのだとか。

 また、はやせは自身が所持している貴重なクマントーンについて「世界に9体しかない」と明かして、竹山を驚かせていた。

オカルトコレクターが呪物を一挙公開/スタッフのイヤホンに猫の鳴き声が
オカルトコレクターが呪物を一挙公開/スタッフのイヤホンに猫の鳴き声が
池からはっきりと聴こえる「おかえりなさい」の声(1時間13分30秒頃~)
池からはっきりと聴こえる「おかえりなさい」の声(1時間13分30秒頃~)
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
聞くだけで霊障が起こる…!? 日本各地の“最恐”怪談話6選
ABEMA TIMES