いよいよ決勝!チーム藤井 対 チーム木村 賞金1000万円はどちらに ファン予想は75.1%がチーム藤井の勝利を予想/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 プロ将棋界唯一の団体戦「お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント決勝、チーム藤井とチーム木村の対戦が9月18日に生放送される。全15チームが参加して行われた団体戦も、いよいよフィナーレ。優勝候補に挙げられていたチーム藤井と、戦うごとに強さを増してきた感があるチーム木村。どちらが勝ってもおかしくない対決に、ファンの期待も高まるばかりだ。

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村

 チーム藤井は、最年少での三冠記録を樹立したばかりの藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)がリーダー。同学年の伊藤匠四段(18)、兄貴分の高見泰地七段(28)と、3人がそれぞれ実力を発揮し、危なげなく予選、本戦と勝ち上がり決勝まで駒を進めてきた。藤井三冠は個人大会だった第1回、第2回、団体戦となった第3回に続き、個人・団体での4連覇がかかっている。

 チーム木村は、王座戦五番勝負でタイトル挑戦中の木村一基九段(48)がリーダー。早指しでも実力を示しているが、さらに佐々木勇気七段(27)が本戦に入って負けなしと絶好調。また池永天志五段(28)もトップ棋士を相手に堂々とした戦いを繰り広げている。

 人気、実力ともにトップレベルの両チームだが、事前のアンケートではファン約3800人のうち75.1%がチーム藤井の勝利を予想。注目の結末は、どんなものになるか。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)
 

お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村
お〜いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村