アニメ「鬼滅の刃」番組サムネイル
テレビアニメ「無限列車編」配信中 »

 「鬼滅の刃」は、作者の吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)先生が「週刊少年ジャンプ」に連載していた和風伝奇バトルマンガ。最初にTVアニメ化されたのは「竈門炭治郎 立志編」で、全26話が制作され2019年4月から9月にかけて放送、大ヒットを記録しました。

【動画】テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編

 また、その続編となる劇場版「無限列車編」が2020年10月に公開され、日本歴代興行収入第1位を獲得。さらに、完全新作エピソードを含むTVアニメ版「無限列車編」が2021年10月10日から放送中、TVアニメ「遊郭編」が2021年12月5日から放送される予定となっています。

 今回の記事では、そんな「鬼滅の刃」の原作者・吾峠先生の情報をチェック。謎多きプロフィールや愛称の由来、単行本の作者コメントなどから推測できる人柄、さらにはTwitterなどで一時期話題となった漫画家引退説についても触れていきます。

テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編 PV
テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編 PV

目次

  • 人気アニメ「鬼滅の刃」とは
  • アニメ「鬼滅の刃」の原作者・吾峠呼世晴先生とは?
  • アニメ「鬼滅の刃」の原作者・吾峠先生の引退の噂の真相は?
  • アニメ「鬼滅の刃」原作者・吾峠先生の基本情報まとめ

人気アニメ「鬼滅の刃」とは

 時は大正時代。東京府奥多摩郡で炭焼き一家の長男として生まれた主人公・竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、鬼に家族を食い殺されてしまいます。唯一生き残ったが鬼になった妹の禰豆子(ねずこ ※禰豆子の「禰」は、正式には「ネ+爾」の字)を人間に戻すため、炭治郎は人々を守って鬼と戦う「鬼殺隊」に入隊、激しい死闘に身を投じるのでした。

 そんな出だしから物語が始まる「鬼滅の刃」では、人を食う鬼と鬼殺隊の剣士たちの戦いが描かれています。友情・努力・勝利を軸とした少年マンガらしい王道のストーリーでありながら、シンプルに鬼を悪者にした勧善懲悪ものではなく、元は人間だった鬼たちの悲しい過去にも触れるなどのドラマ性からも高い評価を得ている人気作品です。

アニメ「鬼滅の刃」の原作者・吾峠呼世晴先生とは?

 アニメ「鬼滅の刃」の原作は「週刊少年ジャンプ」で2016年2月から2020年5月にかけて連載されていた少年マンガで、コミックスは全23巻が発売されています。作者の吾峠先生は、「鬼滅の刃」が初の連載作品となりますが、それ以前にも2013年の第70回JUMPトレジャー新人漫画賞で佳作に入選した「過狩り狩り(かがりがり)」などの読切作品を手がけています。

 そのほか、「少年ジャンプNEXT!!」2014年第2号に掲載された商業デビュー作品「文殊史郎兄弟(もんじゅしろうきょうだい)」、「週刊少年ジャンプ」2014年第39号に掲載された「肋骨さん(ろっこつさん)」、「週刊少年ジャンプ」2015年第21号掲載の「蝿庭のジグザグ(はえにわのじぐざぐ)」といった読切作品が、単行本「吾峠呼世晴短編集」にまとめられています。

 そんな吾峠先生のプロフィールですが、生年月日は2018年に開催された「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」の公式図録で1989年5月5日と公表されていて、出身地は読切作品「肋骨さん」で第9回金未来杯にエントリーされた際に福岡県と明かされていますが、それ以外のプロフィールは一切不明。性別も明かされていませんが、ファンの間では「書き文字が丸っこい」などの理由から女性ではないかと見る向きが多いようです。

 顔写真も公開されておらず、原作コミックスなどに掲載されている作者の自画像はメガネをかけたワニ。そのためファンの間では「ワニ先生」とも呼ばれています。そのことはご本人もネタにしているようで、原作コミックス第16巻では自画像で人に噛みつくワニを描き、「一度噛んだら放しませんワニなので」とギャグ調のコメントを入れていました。

 漫画家としての特徴は、水柱・冨岡義勇(とみおか ぎゆう)の「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」という発言に代表されるセリフ回しのオリジナリティと力強さが有名。「鬼滅の刃」初代担当編集の片山達彦(かたやま たつひこ)氏も、インタビューで「セリフの力が圧倒的」と絶賛しています。また、片山氏はキャラクター造形の巧みさも評価していて、炭治郎が倒した手鬼の手を握るシーンを見て「こんな主人公見たことないです。これが炭治郎ですよ!」と吾峠先生に熱弁を振るったそうです。

 さらに片山氏はインタビューで、吾峠先生の考えるカッコいい男について「見た目の一つにゴルゴ13があったと判明」「とある漫画で読んだそうなんですけど、車に轢かれて死んだ猫を、みんなが気持ち悪いと引いた目で見ている中、汚れも気にせず抱えて持っていける男」と明かしています。

 この「とある漫画」が何なのかはファンの間でも意見が割れていて、猿渡哲也先生の「高校鉄拳伝タフ」(集英社)だという人もいれば、みず谷なおき先生の「人類ネコ科」(小学館)ではないかとする意見もあります。いずれにせよ、吾峠先生がかなりのマンガ好きであるのは間違いないところで、「ジョジョの奇妙な冒険」や「銀魂」の熱烈なファンであることも明かされています。

 また、原作コミックスや公式ファンブックのカバー折り返し部分に掲載された作者コメントが、ほとんど毎回お礼の言葉で占められるという特色が。調べてみたところ、コミックス23巻+ファンブック2巻の計25冊中、22冊に「ありがとうございます」「感謝」といったお礼のメッセージが含まれていました。他人への気遣いを忘れないお人柄がうかがえますね。

アニメ「鬼滅の刃」の原作者・吾峠先生の引退の噂の真相は?

 2020年5月に「週刊少年ジャンプ」で「鬼滅の刃」の連載が終了してから、2021年10月現在まで読切作品の発表などといった動きがないせいか、吾峠先生が漫画家を引退したという噂がTwitterなどで流れています。しかし、公式に引退の発表があったわけではないので、信憑性は薄いです。

 実際に「週刊少年ジャンプ」作家陣が連載終了から次の作品を掲載するまでの期間を調べてみたところ、例えば松井優征先生が「魔人探偵脳噛ネウロ」の連載を終わらせてから読切作品掲載を挟んで「暗殺教室」の連載を始めるまでに要した期間は約3年。その終了から「逃げ上手の若君」の連載を始めるまで、約5年かかっていました。

 そのほか、堀越耕平先生も「戦星のバルジ」連載終了から「僕のヒーローアカデミア」連載開始まで約2年を費やしていますし、久保帯人先生も「BLEACH」連載終了から「BURN THE WITCH」の短期集中連載までに丸4年かけています。いっぽう小畑健先生は、「ヒカルの碁」の連載を終了したその年に「DEATH NOTE」の連載を始めていますが、どちらも漫画原作者がついている作品ですので、例外的な早さと見るべきでしょうか。

 というわけで、どうやら「週刊少年ジャンプ」においては、人気作家が連載を終わらせてから次の連載を始めるまでに数年かかるのはごく普通のことのようです。それでも、早ければ2年くらいで読切作品が掲載されるケースが多々見受けられましたので、吾峠先生も2022年前半くらいに新作を送り出してくれる可能性がありそうです。

アニメ「鬼滅の刃」原作者・吾峠先生の基本情報まとめ

 以上、原作コミックスなどを参考に、アニメ「鬼滅の刃」の原作者・吾峠呼世晴先生についての情報をまとめました。ファンならずとも次回作が気になるところですが、こればかりはいつになるかわかりませんので、アニメ「鬼滅の刃」を楽しみつつ気長に新作の発表を待ってみてはいかがでしょうか。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編 PV
テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編 PV
テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編 全話リスト
テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編 全話リスト
アニメ「鬼滅の刃」炭治郎立志編、全話配信中
アニメ「鬼滅の刃」炭治郎立志編、全話配信中
「中高一貫!!キメツ学園物語」全話配信中
「中高一貫!!キメツ学園物語」全話配信中