逆転満塁弾にアドレナリン出まくり 興奮止まらず監督“強襲”にファン「暴れとる」「襲いかかるw」
番組をみる »

【米大リーグ】レイズ6-14レッドソックス(10月8日・日本時間9日/フロリダ)

 初戦をレイズが5-0の完封勝利で飾ったア・リーグの地区シリーズ2戦目は、両軍合せて28安打、7本塁打、20得点が飛び出す乱打戦となった。なかでも、レッドソックスの2-0で迎えた1回レイズの攻撃、ルプローが放った逆転のグランドスラムは、ファンはもちろんのこと、選手や監督も大興奮の驚弾となった。

【動画】ベンチでも大興奮のルプロー

 レイズの先発・バズの不安な立ち上がりにつけ込む形で、四球と連打で作った好機をものにし、2点を先取したレッドソックスの先発マウンドに登ったのは、今季5勝の長身左腕・セール。しかしこのセールに、初回からレイズ打線が襲いかかる。先頭のアロサレーナがまずレフト前ヒットで出塁すると、続く2番フランコもライトへのヒットで、いきなり無死一、二塁に。3番のB・ロウは三振に倒れるものの、4番クルーズは四球を選んで満塁となり、続く5番のディアスがライトへのタイムリーで1点を返すと、レイズベンチとスタンドは早くも盛り上がりを見せた。

 そして迎えた6番のルプロー。外角低めの初球を見逃し、外角真ん中をファウルで、カウント0-2と追い込まれるものの。セールが投じた3球目、外角高めの球を上から被せるように引っ張った打球は、レフトポール際へと高々と舞い上がり、悠然と打席から歩き出すルプローが見送る中で、そのままスタンド中段へと突き刺さる逆転のグランドスラムとなった。この驚異の逆転劇に、解説の西岡剛氏も、「これがレイズの今年の強さを象徴しますね」と驚いた様子でコメントした。

 初戦の勝利による興奮が冷めやらぬ中で訪れたこの逆転劇に、スタンドのレイズファンはもちろんのこと、ベンチもルプロー本人も大興奮。ホームインした後で、かなり興奮した様子でベンチへと引き上げるルプローは、出迎えるチームメイトたちに相次いで力強いハイタッチをし、さらにはキャッシュ監督にまで全身で抱きつかんばかりの状態に。まさに“アドレナリン全開”といった様子のこうした白熱のシーンに、視聴者からも「監督を襲ってた」「確信歩き!」「キャッシュに襲いかかるwww」「暴れとる」「監督いじめられてるん?w」「オラオラしてんなー」といった様々な反響が寄せられている。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】ベンチでポップコーン爆食い
【動画】ベンチでポップコーン爆食い
【動画】ファンが本塁打をキャッチして問題となったシーン
【動画】ファンが本塁打をキャッチして問題となったシーン
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE