「ガルシアがガルシアに代わってガルシアに打たれた」メジャーでの珍事“ガルシア祭り”でファンが大盛り上がり

【米大リーグ】ホワイトソックス12-6アストロズ(10月10日・日本時間11日/シカゴ)

 ア・リーグの地区シリーズ第3戦が行われ、ホワイトソックスが12-6で逆転勝ちした。点の取り合いとなった序盤、打者ガルシアの打席の途中で投手がガルシアからガルシアに代わり、おまけに逆転3ランまで生まれるという珍しい「ガルシア祭り」に盛り上がる一幕があった。

【動画】3人のガルシアが入り乱れる「ガルシア祭り」

 アストロズの先発は、2020年に飛び級でメジャーデビューを果たした今季の新人王有力候補、ルイス・ガルシア。1回にホワイトソックスに先制点を許したものの、2回はゼロに抑えていた。しかし5-1とリードして迎えた3回、ホワイトソックス4番のグランダルに2ランを浴び2点差とされてしまう。2死後、連続ヒットを許し一、二塁のピンチで8番のレウリー・ガルシアを迎えるが、2ボールとなったところで投手交代を告げられた。代わってマウンドに上がったのは、今季途中にアストロズに移籍してきたイーミ・ガルシアだった。

 ホワイトソックスのレウリー・ガルシアの打席で、アストロズの投手がルイス・ガルシアからイーミ・ガルシアに代わるという展開に、実況が思わず「ガルシアだらけですねえ」と一言。解説を務めた元メジャーリーガーの川崎宗則氏も「ガルシア多いですねえ。みんな親戚なんじゃないかなというくらい。結婚式行ったらみんながいて、やっぱお前も親戚だったんかい!ってなるかも」と軽口を飛ばした。コメント欄にも「ガルシアトライアングル!」「ガルシア対決」「追いガルシアwwww」といった書き込みが見られた。

 するとその直後、ホワイトソックスのレウリー・ガルシアが5球目をバックスクリーンに逆転3ランホームランを叩き込んだ。レギュラーシーズン5本塁打の選手が放ったポストシーズン・キャリア初の本塁打に、実況も「3人のガルシアが登場しましたが、勝ったのはレウリー・ガルシアです! 2人のガルシアと対戦したこの打席で、打者ガルシアが逆転3ラン!」と大興奮。コメント欄では、「ガルシア涙目、ガルシア歓喜」「どのガルシアや!ww」「ガルシアだらけやないか」「秋のガルシア祭」「ガルシア祭りやー」と楽しむ声が多く上がった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】球場に現れた謎の“魔法使いおじさん”
【動画】球場に現れた謎の“魔法使いおじさん”
ABEMA
【動画】メジャー史に残る問題のプレー
【動画】メジャー史に残る問題のプレー
ABEMA