さすが優勝候補!チーム里見、チーム山根との接戦制し初勝利/将棋・女流ABEMAトーナメント

 さすが優勝候補だ。女流による早指し団体戦「第2回女流ABEMAトーナメント」の予選Aリーグ第1試合、チーム里見とチーム山根の対戦が10月9日から配信され、チーム里見がスコア5-3で勝利した。華やかな女流による団体戦のオープニングゲームとなった両チームの対決だが、里見香奈女流四冠、清水市代女流七段、里見咲紀女流初段が、それぞれ持ち味を活かした指し回しで、全員が勝利。若い勢い溢れるチーム山根を退け、さらに結束力を強めた。

【動画】みんな仲良し!チーム里見の様子

 タイトル歴代最多44期の里見女流四冠に、妹の咲紀女流初段、さらにタイトル43期のレジェンド清水女流七段と、実績も話題性も十分のチーム里見が、まずは順調な船出となった。緊張の開幕局を任されたのは咲紀女流初段。チーム山根・塚田恵梨花女流初段と対戦すると、先手番から得意の中飛車を採用。序中盤は苦しんだものの、辛抱を重ねた結果、徐々に形勢が好転。最後は鋭く踏み込み勝利を挙げると「心臓がバクバクしながらやっていました」と、対局後にホッとした笑みを見せた。その後、塚田女流初段、さらに相手のリーダー山根ことみ女流二段に敗れ1勝2敗で終わったものの、チームに勢いをつける開幕戦勝利だった。

 レジェンド清水女流七段は、尻上がりに状態を上げた。自身初対局となった第2局では、和田あき女流初段と後手番から相掛かりの将棋になったが、早い段階で読み抜けがあり、そのまま敗戦。チームメイトのもとに戻った際には反省しきりだったが、後輩2人の戦いを見守り、徐々に気持ちを切り替えると、第6局では山根女流二段を、激しいねじり合いの末に撃破。1勝1敗の五分でつなぎ役を果たした。

 そして、とにかく頼りになるのがリーダー里見女流四冠だ。「最初なので緊張してしまいました」と苦笑いした自身初対局となる第3局は、山根女流二段といきなりのリーダー対決だったが、これに勝利。第5局は和田女流初段、決着局となった第8局は塚田女流初段と、相手3人を総なめにする個人3連勝で、チームを勝利に導いた。

 対局では里見姉妹が振り飛車、清水女流七段が居飛車を用い、バラエティーに富んだ戦型で戦うと、対局を見守る作戦会議室では普段の素の表情を見せるなど、盤上・盤外でその魅力を十分にファンに届けたチーム里見。リーダー里見女流四冠が「自分自身もファンの方も楽しめるように」と考えたチームは、まさにその通りの結果を初戦から出した。

◆第2回女流ABEMAトーナメント 第1回は個人戦として開催され、第2回から団体戦に。ドラフト会議で6人のリーダー棋士が2人ずつ指名し、3人1組のチームを作る。各チームには監督棋士がつき、対局の合間にアドバイスをもらうことができる。3チームずつ2つのリーグに分かれ総当たり戦を行い、上位2チームが本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールール。チームの対戦は予選、本戦通じて、5本先取の9本勝負で行われる。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】みんな仲良し!チーム里見の様子
【動画】みんな仲良し!チーム里見の様子
ABEMA
【動画】山根ことみ女流二段の真っ黒ファッション
【動画】山根ことみ女流二段の真っ黒ファッション
ABEMA