二階堂亜樹、丸山奏子が今期初戦 4選手が初勝利目指すガチンコ勝負/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 Mリーグ機構は「大和証券Mリーグ2021」10月12日の第1試合に出場する4選手を発表した。今期まだ出場がなかったEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)と、赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)が初登場。それぞれ初陣を飾るべく、強い気持ちを持って卓に向かう。

【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsPirates vs風林火山

 前年覇者のEX風林火山は開幕1週目の4戦を松ヶ瀬隆弥(RMU)、二階堂瑠美(連盟)と2人の新戦力に任せた。2週目に入り、いよいよ優勝メンバーである亜樹の出番が回ってきた。長いシーズンの1戦目ではあるが、勝利でスタートを切れればその後の戦い方も違ってくるはずだ。

 赤坂ドリブンズから最後の4人目として登場となる丸山だが、3年目の今期ははっきりとした目標を持つ。ポイントはプラスマイナスゼロ以上、その上で最低出場回数の10試合より1試合でも多く卓につき、チームの勝利に貢献することだ。もちろんポイントがプラスであるほど、監督としても起用はしやすくなるはず。チーム以上に丸山にとっては大事な初戦だ。

 U-NEXT Piratesの瑞原明奈(最高位戦)は、今期2戦目。勝利寸前でかわされる悔しい一戦となった。ただ冷静の中に、少し強気な部分を含んだ打ち回しは今期も健在。初勝利でのインタビューに登場すれば、大人気選手の笑顔見たさにファンが沸き立つ。

 KADOKAWAサクラナイツの堀慎吾(協会)は、開幕日の2戦目を任されたが3着と納得いかない初戦となった。実力、自信はMリーガーの中もトップクラス。3人の女性に囲まれ「白一点」の戦いになるが、華やかな雰囲気に包まれたとて、まるで気にせず勝ちに向かって邁進するだろう。

【10月12日第1試合】※成績は2020シーズン

赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦) 個人20位 ▲103.9
EX風林火山・二階堂亜樹(連盟) 個人17位 ▲37.5
KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会) 個人4位 +275.6
U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦) 個人21位 ▲117.9

【10月11日終了時点での成績】

1位 TEAM雷電 +82.6(6/90)
2位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
3位 セガサミーフェニックス +17.0(6/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +10.1(4/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲23.2(6/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.8(6/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲38.4(4/90)
8位 EX風林火山 ▲39.1(4/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsPirates vs風林火山
大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsPirates vs風林火山