地面すれすれの超アンダースローにファン驚愕「まるで漫画」双子でもう一人はオーバースロー

【米大リーグ】ドジャース0-1ジャイアンツ(10月11日・日本時間12日/ロサンゼルス)

 今季100勝以上をあげたチーム同士の対決となっているナ・リーグの地区シリーズ第3戦は、ジャイアンツが1-0でドジャースに勝利し、2勝1敗でリーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。この試合で、ジャイアンツの2番手として登板したタイラー・ロジャース投手の「地面に手がつきそうな」“変則投法”が視聴者をざわつかせた。

【動画】地面すれすれの超アンダースロー

 ジャイアンツは5回、好投を続けるドジャース先発のシャーザーから7番・ロンゴリアがソロ本塁打を放ち1点を先制する。その裏、2死一塁の場面で、ジャイアンツは先発のウッドから2番手ロジャースにスイッチした。あと1人で勝利投手というところでの投手交代以上に視聴者を驚かせたのが、ロジャースの投球フォームだ。実況のDJケチャップ氏が「ジャイアンツは変則ピッチャーが多い」と紹介したように、ロジャースは地を這うような“超アンダースロー”投手。解説を務める元メジャーリーガーの川崎宗則氏も「この長身から上から投げず下から投げる。本当に変則で、右バッターにはすごくストレスになる」と評した。

 地面すれすれから投じるボールが、浮き上がるような軌道でゾーン高めに突き刺さる。「DJケチャップが「このライジングボールですよ。ソフトボールの軌道ですよ」と形容したボールに、視聴者も「いやぁすげー投げ方だ」「ロジャースは打ちにくいなぁ」「もう手地面付いちゃうよ」と驚きの声を上げた。また、同投手の双子の兄・テイラーもツインズ所属のメジャーリーガーであり、さらにテイラーの方はポジションが同じ投手ながら上手投げの左腕だという情報が紹介されると、放送席でも「右と左で、しかも上から下から」「お父さんお母さん大喜びだろうなあ。2人ともメジャーリーガーになってるんだもの」とひとしきり盛り上がった。

 まるで対照的なテイラー兄弟に、コメント欄でも「えー漫画やん」「タッチ、メジャー版」「タッチじゃん」といった声や、「双子でツインズw」「双子でツインズにいればいいじゃん」といった書き込みで盛り上がりを見せていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】地面すれすれの超アンダースロー
【動画】地面すれすれの超アンダースロー
ABEMA
【動画】クセが強い球審のストライクコール
【動画】クセが強い球審のストライクコール
ABEMA
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE