米漫画「スーパーマン」両性愛者カミングアウトに反響 映画ジャーナリストはどう見たか

 アメリカ出版社のDCコミックスは11日、「スーパーマン」の最新号で元祖スーパーマンのクラーク・ケントの息子、ジョン・ケントがバイセクシュアルだと明らかにした。公式サイト上では、すでにジョン・ケントが男性記者のジェイ・ナカムラと愛しげに見つめあう姿や、2人のキスシーンが公開されている。

【映像】公開された2人のキスシーン(冒頭〜)

 この展開について、漫画「スーパーマン」の作者であるトム・テイラー氏は「この仕事のオファーを受けたとき、DCユニバースに新しいスーパーマンを登場させるなら、また白人の異性愛者にするのは機会の損失のような気がした」とコメント。「スーパーマンが自分自身に気づき『スーパーマンになる』という内容にしたい。これは本当に重要な違いだと思う」と語っている。

米漫画「スーパーマン」両性愛者カミングアウトに反響 映画ジャーナリストはどう見たか

 LGBTQ+の人たちを支援する「国際カミング・アウトデー」だった10月11日。今回の発表にどのような意味があるのだろうか。ロサンゼルス在住の映画ジャーナリスト・猿渡由紀さんは「理にかなっていると思う」と話す。

「以前のスーパーヒーローものは、主役は白人のストレート男で絶対に決まっていました。それ以外は考えられない、と。でも、ハリウッドの中でダイバーシティ、多様化、インクルージョンがどんどん進んでいく中で、そういう古い常識を壊していかなければいけないといった動きが、スタジオの中でも起こっているんです。そういった意味で、スーパーマンの息子がバイセクシュアルと聞いても驚きませんでした。ポリコレではなく現代のトレンドとして、理にかなっていると思います」

米漫画「スーパーマン」両性愛者カミングアウトに反響 映画ジャーナリストはどう見たか

 一方で、ネット上では「既存の人気キャラクターでやるのではなく、新しくそういうキャラクターを作ればいいのに」といった声も寄せられている。この意見について、猿渡さんは「ゲイのキャラクターを出すために新しいキャラクターを作ると、最初からみんなそこしか見なくなってしまう」と言及。

「人の中にはいろいろな要素があって、その中にゲイという部分がある。誰かの父親だったり、素晴らしい友人だったり、仕事ができたり、いろいろなことができる中の一つの要素。ゲイを出すために新しいキャラクターを作ってしまうと、最初からみんなそこ(ゲイの要素)しか見なくなっちゃう。私たちの中にすでになじみがあって『そんな側面があったんだ』と思うくらいが一番自然です」

 また、作品を通じて、さまざまな人種、性的指向を持つ人たちを身近に感じることに、猿渡さんは「意味がある」と話す。

米漫画「スーパーマン」両性愛者カミングアウトに反響 映画ジャーナリストはどう見たか

「黒人の子どもたちだってスーパーマンになりたい。『触らないで』というのではなく、スーパーマンが有名だからこそ、どんな子どもたちでもあこがれるものだからこそ、その子どもたちに『自分でも(スーパーマンに)なれるのかな』と思ってもらえることに意味があると思います」

 BuzzFeed Japan News副編集長・神庭亮介氏は「多様性を意識したキャラクターの登場は良いこと」とコメント。その上で「ただ、ニュースとして『すごいでしょ!』とドヤ感を出さない方が良かったのではないか」と話す。

米漫画「スーパーマン」両性愛者カミングアウトに反響 映画ジャーナリストはどう見たか

「タイミング的に国際カミング・アウトデーを意識した告知だと思うが、本来は“当たり前”であるべき内容。漫画を読んでいたら、さりげなくバイセクシュアルのキャラクターが登場して、『へえ、そうなんだ』と読者が気づく、というぐらいでいい。大々的なニュースとして『すごいでしょ!』感を出さない方が、むしろ良かったのではないか」

 また、最近盛んに言われるようになった「価値観のアップデート」という言葉についても、こう指摘した。

「考え方の違う相手を『遅れてますね』『ついて来られないんですか?』と見下して、置き去りにするような『アップデート』は望ましくない。いたずらに分断を煽ることなく、みんながゆっくり、半歩ずつでも前に進んでいけるような材料を、エンタメが提供できるといい」

 1938年に初登場し、多くの人に愛されながら、時代に合わせて、アップデートし続ける漫画「スーパーマン」。作者であるトム・テイラー氏も「数年後にはこれがニュースのヘッドラインにならない、Twitterのトレンドにならないことを祈るよ」と、“当たり前”のこととして認識される日が来てほしいと語っている。 (『ABEMAヒルズ』より)

ABEMAヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 - 最新NEWS - 賛否両論 スーパーマンが両性愛者に (ニュース) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
【映像】スーパーマンの息子が両性愛者に 映画ジャーナリストの見解は
ABEMA
ABEMAヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 - 最新NEWS - 日本の畳が「007」の新作に登場? (ニュース) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
【映像】映画「007」新作に日本の畳が登場 森田畳店「夢のよう」
ABEMA