“マムシ”沢崎誠が裏ドラ4枚を丸飲み 強烈倍満で個人2連勝にファン「強い沢崎が帰ってきた」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 これが“マムシ”の恐ろしさだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月15日の第1試合、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)が倍満を炸裂させ、逆転で今期2勝目を挙げた。これで個人2連勝、昨年の不調を完全に吹っ切り、乗せたら怖い男が帰ってきた。

【動画】連勝に笑顔の沢崎誠

 この試合の対局者はTEAM雷電・黒沢咲(連盟)、沢崎、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)の並びでスタート。メンゼン高打点を武器とする4人のぶつかり合いは、戦前誰もが予想した通り、東4局までに満貫が3回飛び出すなど、高打点の応酬となった。試合は黒沢が先手を取り、それに近藤・村上が競りかける展開。沢崎は中盤までリーチも鳴きもなく、手が悪い時は守り、じっとチャンスを待ち続けた。

 潮の流れが変わったのは東4局1本場。沢崎は近藤のリーチを受けた直後、ダマテンで1300点(+300点)をアガってこの日の最初の加点とすると、続く南1局に2・5筒と4索の変則3面張でリーチに出る。2巡後、ツモったのはなんと赤5筒。さらに望外の4筒が裏ドラ表示牌となり、リーチ・ツモ・赤2・ドラ・裏ドラ4で1万6000点のアガリとなった。

 これまで巣ごもりをしていた“マムシ”の躍動に視聴者も熱狂し、「やべええええええええええ」「初めてみた」「おんぎゃあええええ」「裏3を超えて、裏4wwwwww」と、声にならない声が多数投稿され、「強い沢崎が帰ってきた」と昨年の不振から立ち直ったことを確信するコメントもあった。このリードを保って沢崎はトップ終了、個人2連勝とした。

“マムシ”沢崎誠が裏ドラ4枚を丸飲み 強烈倍満で個人2連勝にファン「強い沢崎が帰ってきた」/麻雀・Mリーグ

 インタビューで沢崎は倍満について「卓の下で指の数を数えてました」と指を折り、さらに「赤5筒は友達ですからね」と軽口も飛び出した。開局早々、黒沢に先行されたことについては「(最初のアガリは)2000オールで、黒沢さんにしては点数が安いなと。絶好調ではないなと思った」とベテランならではの落ち着きぶり、また大局観で、冷静に試合を見通していたことも明かした。

 「今日は3万点くらい浮きのトップを目指してました。まあ無理ですよね、しょうがないです」と笑って2連勝に満足げ。怖い怖い“マムシ”が覚醒し、昨期の悔しい準優勝から、もう一つ上を目指すための戦力は十分に整った。視聴者は沢崎の活躍に「ニッコニコまむたん」「マムたんおめでとう~」「沢崎さんおめでとうございます」と改めて賛辞を投稿していた。

【第1試合結果】

1着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)4万2600点/+62.6
2着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)3万8400点/+18.4
3着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)2万900点/▲19.1
4着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)-1900点/▲61.9

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】連勝に笑顔の沢崎誠
【動画】連勝に笑顔の沢崎誠
【動画】お茶目な村上淳の退場シーン
【動画】お茶目な村上淳の退場シーン