瀬戸熊直樹、逆転トップで今期初勝利「これでチームに合流できる」得意の“トルネードツモ”も披露/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ファン待望の“トルネードツモ”が、小気味良い音を立てた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月15日の第2試合で、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)が今期初トップ。これでTEAM雷電は選手全員がトップを獲得した今期初のチームとなった。

【動画】今期初トップに笑顔の瀬戸熊直樹

 この試合の対局者は赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、瀬戸熊、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)の並びでスタート。瀬戸熊は東3局1本場、場に安いマンズへ照準を合わせ、園田から1万2000点(+300点)のロンアガリ。見た目枚数より出やすさを取ったこの待ち選択に、解説の渋川難波(協会)は「すごすぎる!これ!この選択すごい!」と絶賛した。

 このまま“暴君”の時間が到来するかと思われたが、ライバルがそれを許さない。瀬戸熊はその後3度の放銃を重ね、南3局の時点で3着目まで転落した。しかし親番を迎えたこの局、瀬戸熊にチャンス手が入る。發をポンしてドラ2と赤1枚、あっという間の満貫、三・六万待ちテンパイだ。園田が当たり牌を止めながら押し返そうと、必死に鳴きで応戦してきたが、瀬戸熊はここでこの日一番の気合を見せた。愛おしそうに親指の腹で三万の絵柄をなでると、続けて勢い良く叩きつけ“トルネードツモ”を披露。發・赤・ドラ2の1万2000点の加点で、トップ目園田に迫った。

 やっと見られたこの美技に視聴者は「トルネード!!!!」「ばっちん!」「でかいのきたー!」「今日の主役きたあ」「面白くなってきたぜ!!」「かっけええええ瀬戸熊さん」とコメントを連投し、試合のテンションも最高潮に。

瀬戸熊直樹、逆転トップで今期初勝利「これでチームに合流できる」得意の“トルネードツモ”も披露/麻雀・Mリーグ

 そして2本場で迎えた南4局。瀬戸熊は赤3枚コンプリートの手牌で、三万と西のシャンポンリーチに出た。これに着順アップを図る近藤が、リーチ宣言牌で三万を勝負。瀬戸熊はリーチ・赤3の8000点(+600点)のアガリで、今期初トップを手に入れた。

 インタビューに訪れた瀬戸熊は開口一番「途中、手がおぼつかなくなり、すみませんでした」と深々と頭を下げた。映像には現れなかったものの、園田からアガった1万2000点の直後に瀬戸熊は手が震え、牌をこぼしていた。それくらい気合が入り、勝ちたかったこの試合、チームメイトに追い付いた1勝目については「チームが3連勝して、僕だけ出遅れして、出鼻をくじいてしまったので、これでチームに合流できます」と笑顔を浮かべた。

 最後は「雷電オリジン」からの決めポーズもしっかり決めて、カメラに向かってはにかんだ。視聴者からは「クマええぞおおおおおおおおおお」「雷電の麻雀は面白いんです!」「熊さんおめ!!!!!」「瀬戸熊さんが手振るの好き」とエールが飛び交った。チームはこれで首位。チーム初のファイナル進出を目指し、役者が揃った。

【第2試合結果】

1着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)4万1900点/+61.9
2着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)3万6300点/+16.3
3着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)1万3100点/▲26.9
4着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)8700点/▲51.3

【10月15日終了時点での成績】

1位 TEAM雷電 +125.4(8/90)
2位 EX風林火山 +102.2(8/90)
3位 セガサミーフェニックス +8.5(8/90)
4位 U-NEXT Pirates +3.1(8/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲27.3(8/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲28.8(8/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲75.1(8/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.0(8/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】今期初トップに笑顔の瀬戸熊直樹
【動画】今期初トップに笑顔の瀬戸熊直樹
【動画】お茶目な村上淳の退場シーン
【動画】お茶目な村上淳の退場シーン