「何しとんw」「ケンカ?」同点弾直後にベンチで起きた“珍事”がファンの間で話題に
番組をみる »

【米大リーグ】ブレーブス3-2ドジャース(日本時間17日/アトランタ)

 双方が小刻みに得点しつつ、両軍の投手が根気よく繋いだ末に、ブレーブスが4番・ライリーの一打で劇的なサヨナラ勝ちを収めたこの試合。4回裏に飛び出したライリーの同点弾の直後、現地映像に映し出されたブレーブスベンチの“珍しいひとコマ”が、視聴者の間で話題となっている。

【映像】ベンチで繰り広げられた珍事

 1回裏の攻撃で、ドジャース先発のクネバルの、まさかのワイルドピッチで労せず先制点をとり、幸先の良いスタートとなったブレーブス。しかしその直後に訪れた2回表、ドジャースの8番テイラーのセンター前ヒットで同点に追いつかれると、4回にはスミスに勝ち越しの1発を浴びて2-1。逆に1点差を追う形で4回裏の攻撃を迎えることとなった。

 先頭の2番フリーマンが、わずか3球で空振り三振に切ってとられると、ここでブレーブスクリーンナップを前に、ドジャースベンチは3番手のブルーイルから、早くも4番手のゴンソリンにスイッチ。代わったゴンソリンに対し、3番アルビーズは粘ったもののライトフライに倒れ、二死ランナーなしの場面で打席に立ったのが4番ライリーだった。

 ドジャースバッテリーは、不用意な長打を警戒してか、ライリーに対して初球はアウトコース低めに投じて1ストライク、2球目も外角低めのほぼ同じコースに投じて誘うものの、今度はライリーがこれを見極めてカウントは1-1に。3球目は甘く入ったが、これをライリーは見逃さなかった。内角やや高めの4シーム系の球を鋭く振りぬくと、ライリーの打球は一直線にレフトスタンドポール際に高速で飛び込む同点弾に。

 すると、スタンドのファンはもちろんのこと、ブレーブスベンチは大喜び。引き上げてくるライリーを迎えた後で、ベンチのフェンスを叩くなど興奮した様子を見せたが、そんな矢先、あまりに興奮しすぎたのか、バランスを崩してしまい選手の1人がフェンスの外へと落ちそうになる場面も。さらに左隣の選手が手を差し伸べる一方、右手の選手に何かを言われたのか…バランスを持ち直した選手はこの選手に向かってペシっと叩く仕草。この珍しいひとコマに、視聴者からは「誰か落ちかけてたぞ」「落ちそうになってて草」「ケンカ?」「おいw喧嘩すな」「何しとんw」といった様々な反響が相次いで寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

【映像】ベンチで繰り広げられた珍事
【映像】ベンチで繰り広げられた珍事
【映像】愛猫の“もふもふ”スパイク
【映像】愛猫の“もふもふ”スパイク