アストロズ・アルバレスの“天井直撃”特大ファールに少年驚愕 直後の激走姿には「走り方可愛い」の声
番組をみる »

【米大リーグ】アストロズ5-0レッドソックス(10月22日・日本時間23日/ヒューストン)

 ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第6戦。レッドソックス・イオバルディ、アストロズ・ガルシアの両先発がキッチリと仕事をし、アストロズ2-0で迎えた8回裏、アストロズの6番タッカーが放った3ランでレッドソックスの反撃ムードを断ち切り、投げては5投手の完封リレーで勝利し、ワールドシリース進出を決めたアストロズ。そんな同試合で、アストロズの4番アルバレスが放った天井直撃の大ファールと、その直後の激走は、視聴者の度肝を抜く迫力満点のプレイとなった。

【映像】アルバレスの大飛球&激走 特大ファールに驚く少年

 アストロズ2-0のリードで迎えた6回裏のアストロズの攻撃、打席に入ったのは、先頭の4番アルバレス。レッドソックスのマウンドには先発・イオバルディの後を受けて登板した2番手のテイラー。1球目が外に外れて1-0となった後、真ん中の球にアルバレスが反応してファールに。そして、カウント1-1で迎えた3球目、テイラーが投じた内角の球をアルバレスはフルスイング。打球は上空高く舞い上がり、そのままライトスタンドのポール付近の天井を直撃する特大のファールとなった。この大飛球にスタンドからはどよめきが起こり、また現地の中継カメラは驚いた様子で目を丸くしているスタンドの少年の様子を映し出した。

 その後、徐々にタイミングが合いつつあるアルバレスに警戒したのか、バッテリーは2球続けて外角低めの球で釣りつつ様子を見たものの、これをアルバレスがよく見てカウント3-2に。長打を期待し、アストロズファンが盛り上がりを見せる中、6球目にテイラーが投じた真ん中低めの球を、アルバレスは再び強振。今度はライト線を破る鋭い打球となり、打ったアルバレスは一、二塁を蹴って一気に三塁へと到達。見事、チャンスメイクに成功した。

アストロズ・アルバレスの“天井直撃”特大ファールに少年驚愕 直後の激走姿には「走り方可愛い」の声

 アルバレスの迫力満点の特大ファールに、視聴者からは「みんなオーマイガー」「(バリー・)ボンズ思い出すな」「あのパワー見たらビビるわな」といった声があがったほか、その後の激走には「走り方は可愛い」「一瞬、靴が片方脱げてるのかと思った」といった声が寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

HOUアルバレス 好走塁でホームイン
HOUアルバレス 好走塁でホームイン
三振ゲッツーでピッチャー→ショート→キャッチャーの“3連ガッツポーズ”
三振ゲッツーでピッチャー→ショート→キャッチャーの“3連ガッツポーズ”
SPOZONE
SPOZONE