室谷由紀女流三段、個人3連勝「やっと自分の将棋が指せました」溢れる頼もしさにファン「かっこいい!」「覚醒しとるわ」/将棋・女流ABEMAトーナメント
番組をみる »

 女流による早指し団体戦「第2回女流ABEMAトーナメント」の予選Aリーグ第3試合、チーム伊藤とチーム山根の対戦が10月23日に放送され、チーム伊藤がスコア5-3で勝利し、リーグ1位での通過を決めた。この熱戦で大活躍をしたのがチーム伊藤・室谷由紀女流三段。個人3連勝を飾るほか、どっしりとした存在感でチームの精神的な支柱としても機能するなど、決勝トーナメントに向けてさらに頼もしさを増した。

【動画】予選を1位で突破したチーム伊藤

 タイトル戦にも5回出場し、今回の大会の顔触れを見れば、リーダーを任されてもおかしくない、といった存在でもある室谷女流三段。チーム里見との一戦では、里見香奈女流四冠を相手に苦しむなど、思ったような将棋が指せないフラストレーションが溜まっていたが、チーム山根との戦いでは思う存分暴れまくった。

 自身初戦となったのは第2局。塚田恵梨花女流初段が居飛車、室谷女流三段が中飛車の対抗形になると、どうしても難しくなる終盤に備えてしっかりと時間を蓄えておくプランを実行。さらに「自分が指し慣れている形に持ち込めた」と、未知の将棋にしなかったことで冷静さを保ち、のびのびと指し続けた。124手で勝利すると、仲間のもとに戻っての第一声は「やっと自分の将棋が指せました」。この一局で波に乗った。

 第6局は和田あき女流初段との一戦。これも和田女流初段の居飛車、室谷女流三段の中飛車の対抗形なると、序盤から工夫を凝らして作戦勝ち。終始、相手の力を出させない“完封勝利”で、この試合2勝目を挙げた。

室谷由紀女流三段、個人3連勝「やっと自分の将棋が指せました」溢れる頼もしさにファン「かっこいい!」「覚醒しとるわ」/将棋・女流ABEMAトーナメント

 そして第8局は、相手のリーダー山根ことみ女流二段との一局に。山根女流二段が向かい飛車、室谷女流三段が三間飛車と、相振り飛車の将棋になったが、タイトル戦への出場経験もある強者同士による大激戦に。まさに詰むや詰まざるやという、すれすれの勝負にはなったが、指運に恵まれたのは室谷女流三段。「指していくうちにだんだんフィッシャーの感覚が掴めました」と、戦うごとに自らの成長も感じる3連勝を成し遂げ、チームの勝利も決めた。

 盤上では最高の結果を出し、出番でなければ会議室でチームメイトと談笑。さらに局面を真剣に見つめては、ともに戦う気持ちを高め続けた。チームリーダーの伊藤沙恵女流三段が「静」なら、室谷女流三段は「動」のタイプ。2人の異なるリーダータイプが揃うこのチーム、やはり強い。ファンからも「むろやん子分にしてください」「覚醒しとるわ」「かっこいい!」と、その活躍ぶりを称える声が多く集まっていた。

◆第2回女流ABEMAトーナメント 第1回は個人戦として開催され、第2回から団体戦に。ドラフト会議で6人のリーダー棋士が2人ずつ指名し、3人1組のチームを作る。各チームには監督棋士がつき、対局の合間にアドバイスをもらうことができる。3チームずつ2つのリーグに分かれ総当たり戦を行い、上位2チームが本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールール。チームの対戦は予選、本戦通じて、5本先取の9本勝負で行われる。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】予選を1位で突破したチーム伊藤
【動画】予選を1位で突破したチーム伊藤
【動画】同世代の仲良し3人組となったチーム山根
【動画】同世代の仲良し3人組となったチーム山根