“名手”コレアの送球が速すぎる 西岡剛氏「本当にすごい」「ピッチャーやってみてほしい」
番組をみる »

【米大リーグ】ブレーブス3-2アストロズ(10月30日・日本時間31日/アトランタ)

 試合中盤に差し掛かるまでアストロズ投手を打ち崩せなかったブレーブスが、4番ライリーのタイムリーで目を覚まし、7回に飛び出したスワンソン&ソレアのアベックアーチで逆転勝利を収めたワールドシリーズ第4戦。アストロズの名手・コレアが見せたスーパープレイが大きな注目を集めた。

【映像】コレアの“高速スローイング”

 アストロズ2-0で迎えた4回裏のブレーブスの攻撃、先頭の3番アルビーズがショートゴロで倒れたものの、4番のライリーはファールで粘って、7球目をセンターに弾き返して出塁。ブレーブスはなんとか1点でも返しておきたい状況とあって、スタンドからは大声援が送られる中、打席に立ったのは、前の打席でショートゴロに倒れた5番ピーダーソン。

 初球に内角低めの球を空振りし、2球目に外角低めのボール球を見送って、カウント1-1で迎えた3球目。ピーダーソンは内角低めの球を打たされると、二塁方向へと転がる緩いゴロに。これをアルトゥーベが軽く裁いて二塁へと送球し、ショートのコレアが捕ってまず1アウト。続いて一塁への送球となったが、もともと緩いゴロであったことに加え、ピーダーソンが全力疾走していたことから、コレアは矢のような高速スローイングで併殺を完成させた。

 コレアは同じような形の併殺を3回裏にも奪っていたため、ABEMAのゲスト解説を務めた西岡剛氏(栃木ゴールデンブレーブス)は、「コレアの送球、本当にすごい。1回ピッチャーやってみて欲しいですね」と絶賛。また、「アルトゥーベもあのポジショニングから、ゲッツーとるのにしっかりと上から放ってるんですよね。慌てずに、コレアがすぐに送球に移りやすい送球を投げている。これはセカンド、ショートのレベルの高さですね」と、アストロズの二遊間コンビを称賛した。

 こうしたコレアのプレーに視聴者からは「送球いいなぁ」「めっちゃ速い」「すげえとしか言えない」「この守備がたまらん」「あのテイクバックでよく投げるわ」といった驚きの声を中心に、反響が寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

ブレーブス スワンソン&ソレアーの連続HR
ブレーブス スワンソン&ソレアーの連続HR
ブレーブス・ロサリオ フェンスを確認してスーパーキャッチ
ブレーブス・ロサリオ フェンスを確認してスーパーキャッチ
SPOZONE
SPOZONE