レフトへの大飛球をロサリオがスーパーキャッチ! ブレーブスコーチも大興奮 ファン「凄すぎて」
番組をみる »

【米大リーグ】ブレーブス3-2アストロズ(10月30日・日本時間31日/アトランタ)

 中盤までは緊迫した投手戦が続いたものの、終盤に飛び出したまさかのアベック弾でブレーブスが鮮やかな逆転勝利を収めたワールドシリーズ第4戦。試合終盤の8回、抜けていればあわや長打というレフトへの大飛球をスーパーキャッチしたブレーブス・ロサリオのプレーに反響が寄せられた。

【映像】レフト・ロサリオがスーパーキャッチ

 7回裏に飛び出した8番スワンソンの同点弾と、代打ソレアの勝ち越しホームランで、終盤での逆転に成功したブレーブスが3-2で迎えた8回表のアストロズの攻撃。先頭の8番ディアスがレフトライナー、続く9番マルドナドが空振りの三振に倒れ、二死ランナーなし。ここで打順がトップにかえり、打席に入ったのはこの日ホームランを含む2安打と当たっている1番アルトゥーベ。マウンド上にはブレーブスの5番手L・ジャクソン。

 アルトゥーベはジャクソンの投じた初球、やや甘く入った真中低めの球をすくうようにスイング。すると、打った瞬間に解説の西岡剛氏(栃木ゴールデンブレーブス)も思わず「危ない!」と言ってしまうほどに、ボールはレフト方向へと高く舞い上がる大飛球に。そのまま打球は伸び続け、レフトの頭上を抜ける長打かと思われたが、ロサリオは落下点を正確に見定めた上で、フェンスに激突しながらもバックハンドでキャッチ。これには西岡氏も「超ナイスプレイです!」と称賛した。スタンドのファンからも大歓声が巻き起こる中、打ったアルトゥーベは落胆しつつも思わず苦笑いしている様子を見せた。

 捕れなければ得点圏の同点ランナーが出てしまうという状況を阻止したロサリオのプレーに、ベンチの選手たちだけでなく、ヤングコーチも歓声をあげ、手を叩きあっての大興奮。視聴者からも「超ナイス!」「ロサリオ守る方も絶好調!」「凄すぎて」「思わず笑うアルトゥーベ」といった様々な反響が寄せられている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

ブレーブス スワンソン&ソレアーの連続HR
ブレーブス スワンソン&ソレアーの連続HR
コレアの送球が早すぎる! ナイスダブルプレー
コレアの送球が早すぎる! ナイスダブルプレー
ブレーブス・ロサリオ フェンスを確認してスーパーキャッチ
ブレーブス・ロサリオ フェンスを確認してスーパーキャッチ
SPOZONE
SPOZONE