大谷翔平だけじゃない“二刀流”投手グリンキーが代打で登場&ヒット ベンチ大盛り上がり
番組をみる »

【米大リーグ】ブレーブス5-9アストロズ(日本時間1日/アトランタ)

 アストロズが逆転勝ちし対戦成績を2勝3敗とした米大リーグ・ワールドシリーズ第5戦で、第4戦に先発したアストロズのグリンキー投手が代打で登場し、ライトにヒットを放つ一幕があった。

【動画】投手が代打でライト前ヒット!

 ブレーブスが1回に4点を先制すれば、アストロズが2回と3回に2点ずつを取り同点に。すると3回裏にブレーブスがまた1点を勝ち越すという点の取り合いになった序盤を終えて迎えた4回のアストロズの攻撃で、1死から9番のピッチャーに打順が回った。ここでアストロズのベイカー監督が打った手はなんと「代打・グリンキー」。グリンキーといえば、通算219勝、今季も11勝をあげ、過去にはサイ・ヤング賞も受賞しているベテラン投手だ。このワールドシリーズでも前の試合に先発し、4回を無失点に抑えたばかり。一方でバッティングがいいことでも知られ、2021年はDH制を採るア・リーグのアストロズに所属していたためほとんど打席に立たなかったが、18年間のキャリアで通算打率2割2分5厘、9本塁打、34打点を記録している。実際、前日の試合でも2打数1安打をマークしていた。

 グリンキーが打席に入ると、コメント欄は「グレインキー!?」「ま!?」「きたぁぁぁぁぁ」「マジできた!!!!」「What????」「まさかまさかのw」「実現した!!!」と大騒ぎに。グリンキーが2球目をライトへ弾き返しヒットを打つと、ワールドシリーズという舞台で実現した投手の代打ヒットに思わず解説の川崎宗則氏も「うわあ!」と絶叫してしまう。現地中継で映し出されたアストロズベンチも、歓喜で盛り上がると同時に、信じられないといった様子の選手も見られた。

 代打で結果を残したグリンキーに対し、川崎氏は「この人が二刀流ですよ、翔平さんの前の。戦力ですよ、戦力」と賞賛。コメント欄でも「惚れてまうわ」「マジですげー!大好きー!!」「うれしそう」「すげーーーー」「ベイカー采配的中!」「今シリーズのハイライト確定」といった声が飛び交った。また、グリンキーは普段はあまり人とコミュニケーションを多く取るタイプではないにもかかわらず、エンゼルスの大谷翔平投手に対してのみ自ら話しかけることがあり、めったにない光景ということで話題になったことがあった。川崎氏はこれにも触れ、「グリンキーは大谷翔平さんのこと大好きなんです。勝負して打ち取って、惜しかったな、今のはいいスイングだったとグリンキーの方から声をかけるくらい。他の人に対してはそんなことしない人なのに、翔平さんに対してはリスペクトからそういうことをするんです。二刀流ならではの思うところがあるのかも」とエピソードを披露していた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】俊足選手の「セクシー」なランニング
【動画】俊足選手の「セクシー」なランニング
【動画】名選手の1回転スロー
【動画】名選手の1回転スロー
【動画】投手が代打でライト前ヒット!
【動画】投手が代打でライト前ヒット!
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE