ずっと「詰むや詰まざるや」289手の大激闘にファンが大喜び「すごい対局だった」「おもしろかった」/将棋・女流ABEMAトーナメント
番組をみる »

 大会史に残る長手数の大激闘だ。女流による早指し団体戦「第2回女流ABEMAトーナメント」の予選Bリーグ第1試合、チーム加藤とチーム渡部の対戦が10月30日に放送された。この第5局でチーム加藤の野原未蘭女流初段と、チーム渡部のリーダー渡部愛女流三段が対戦。これが実に289手に及ぶ大熱戦となり、ファンからも「すごい対局だった」「おもしろかった」と喜びと労いの声が多く寄せられた。

【動画】289手の大熱戦も飛び出したチーム加藤とチーム渡部の試合

 持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算という超早指しの今大会。最終盤ともなれば、1手につき10秒ある「10秒将棋」よりも切迫した時間の中で指し続けなければいけない。ミスが出れば、即負けにつながるシビアな局面の連続となるが、この一局ではそんな状況が数十手どころか100手以上も続くことになった。

 先にリードを奪ったのは先手の野原女流初段。同じ顔合わせの第3局では優勢に進めながらも逆転負けを喫し、リベンジに燃えていた。相居飛車の出だしから、またも先にリードを奪った野原女流初段は、そのまま押し切れば快勝という状況で終盤を迎えた。ところがここからが落とし穴の連続。解説していた小林裕士七段が「これは先手が勝勢になった気がしますね」と言った後に「これ、逆転したんじゃないの」。さらに「これで(先手の)完全な勝ちになりましたね。逃げ切りました」と言ったそばから「また逆転しました」と混乱状態に陥った。

ずっと「詰むや詰まざるや」289手の大激闘にファンが大喜び「すごい対局だった」「おもしろかった」/将棋・女流ABEMAトーナメント

 ファンも二転三転どころか、五転も六転もするような一局に「すごい対局だったな」「これがフィッシャーの醍醐味だろ」と興奮。なんとか最後のところで野原女流初段が抜け出し、渡部女流三段が投了したが、決着がついたのは実に289手。男性棋士による「ABEMAトーナメント」でも200手超の対局はあったが、こちらは300手に迫る長手数。終局後にはファンから「289w」「おもしろかったー」とコメントが多く寄せられる一方で、対局者や見守っていたチームメイト、さらに監督からは、ぐったりと疲れた様子も見られていた。

◆第2回女流ABEMAトーナメント 第1回は個人戦として開催され、第2回から団体戦に。ドラフト会議で6人のリーダー棋士が2人ずつ指名し、3人1組のチームを作る。各チームには監督棋士がつき、対局の合間にアドバイスをもらうことができる。3チームずつ2つのリーグに分かれ総当たり戦を行い、上位2チームが本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールール。チームの対戦は予選、本戦通じて、5本先取の9本勝負で行われる。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】289手の大熱戦も飛び出したチーム加藤とチーム渡部の試合
【動画】289手の大熱戦も飛び出したチーム加藤とチーム渡部の試合
【動画】女子高生で女流棋士・内山女流2級
【動画】女子高生で女流棋士・内山女流2級
【動画】女子高生で女流棋士・内山女流2級