“ライン際の魔術師”誕生 三塁線上の痛烈ゴロをダイビングキャッチの美技「反射神経ハンパない」「よく間に合ったな」
番組をみる »

【米大リーグ】アストロズ0-7ブレーブス(日本時間3日/ヒューストン)

 ブレーブスが王手をかけて臨んだ米大リーグのワールドシリーズ第6戦は、ブレーブスがエース・フリードの好投もありアストロズに7-0で勝利し、26年ぶりのワールドシリーズ制覇を成し遂げた。この試合で、アストロズのブレグマンが三塁線上を襲った痛烈な打球を素晴らしい反応と送球でアウトにする意地のファインプレーを見せた。

【動画】三塁線上のスーパープレー

 先発投手の好投や3本の本塁打などブレーブス選手の活躍が目立った試合で、アストロズの選手にも光るプレーがあった。6-0の7回、この日先制3ランを場外に放っているソレアが打席に入ると、カウント2-2から内角の速球を思い切り引っ張った。打球はゴロとなって鋭く三塁線に飛んだが、サードのブレグマンがこれを横っ飛びキャッチ。さらに起き上がりざまに矢のような送球を一塁に送り、見事アウトにしてみせた。

 完璧なダイビングと、三塁ファウルグラウンドからだったにもかかわらずアウトを取った強肩に、コメント欄には「反射神経ハンパない」「よく間に合ったな」「ライン上をダイブキャッチでアウトは凄すぎ」といった賞賛の声が並んだ。解説の川崎宗則氏はまた、このプレーがブレグマンによるものだったことに注目。実はブレグマンは5回の打席で低めのボール球をストライクに取られ三振に倒れているが、ソレアがこの打球を打つ前、同じような低めの際どいコースをボールと判定され命拾いしていた。このとき川崎氏は「さっき三振を取られたブレグマンはサードから見てどう思ってるんだろうか」と発言しており、まさに直後にそのブレグマンに打球が飛んだ格好。クールに見えたブレグマンだが、川崎氏は「この野郎って燃えてたんじゃないか」と心中を慮った。メジャーリーガーの意地が生んだスーパープレーといえるのかもしれない。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】足を激しく踏まれたフリード
【動画】足を激しく踏まれたフリード
【動画】世界一を手繰り寄せたソレアの場外弾
【動画】世界一を手繰り寄せたソレアの場外弾
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE