ぶりっ子ポーズも得意戦術?清水市代女流七段、猫耳つきで「頑張るにゃ♪」ファンは絶賛「市代先生の優勝」
番組をみる »

 女流による早指し団体戦「第2回女流ABEMAトーナメント」で本戦トーナメントに進出しているチーム里見の里見香奈女流四冠、清水市代女流七段、里見咲紀女流初段が、恒例のチーム動画に出演。公務により、ビデオメッセージでの出演となった清水女流七段だが、里見姉妹が罰ゲームとして行った「渾身のぶりっ子ポーズ」に、別収録で1人で挑戦。監督を務める中村太地七段も含め、4人の中で最もノリノリでポーズを取ったことに、ファンから「市代先生の優勝」「頑張るニャンに気絶しました」といった反響が巻き起こった。

【動画】実はノリノリ?清水市代女流七段のぶりっ子ポーズ

 タイトル通算43期を誇る女流棋界のレジェンドで、現在は日本将棋連盟の常務理事も務める清水女流七段。現役のプレイヤーとして活躍しながら、将棋の普及に尽力する多忙な日々を送っている。この大会には里見女流四冠からドラフト指名を受けて参戦したが、対局ではもちろんのこと、対局の合間に里見姉妹と過ごす素顔や、かわいらしい様子がファンの間でも好評を博している。

ぶりっ子ポーズも得意戦術?清水市代女流七段、猫耳つきで「頑張るにゃ♪」ファンは絶賛「市代先生の優勝」

 里見姉妹、中村七段が移動型のお化け屋敷で絶叫、罰ゲームをする中、欠席となった清水女流七段は、せめて罰ゲームだけでもやって、チームの一員であることを示したいと、動画の最後に登場。他の3人が恥ずかしながらも挑んだ渾身のぶりっ子ポーズをしながら、猫耳つきで「頑張るにゃ♪」。ノリノリに見えるほどの決めっぷりでやってのけた。

 このポーズが、またもやファンの心に見事に刺さったようで「里見姉妹かわいいなーと思って見てたら、清水先生が超えてきた」「市代先生の優勝」「頑張るニャンに気絶しました」と、今回も大好評となっていた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】里見香奈・咲紀姉妹、ファンが絶賛した渾身のぶりっ子ポーズ
【動画】里見香奈・咲紀姉妹、ファンが絶賛した渾身のぶりっ子ポーズ
【動画】実はノリノリ?清水市代女流七段のぶりっ子ポーズ
【動画】実はノリノリ?清水市代女流七段のぶりっ子ポーズ