「すみません、すみません、すみません…」 立ち合い不成立で両力士の振る舞いにファンほっこり
【映像】「すみません…」力士の振る舞いにほっこり »

<大相撲十一月場所>◇五日目◇18日◇福岡・福岡国際センター

 前頭十枚目・千代大龍(九重)と前頭十二枚目・北勝富士(八角)の一番で、立ち合い不成立となった際に両者が申し訳なさそうに繰り返し「すみません」と頭を下げる礼儀正しい一幕があり、視聴者がほっこりする場面があった。

【映像】「すみません…」力士の振る舞いにほっこり

 制限時間いっぱいとなり、蹲踞の姿勢を取った両者。1度目の立ち合いで北勝富士が右手を出しながら鋭く突進すると、千代大龍はやや遅れて腰を上げ、行司から「まだまだ」と立ち合い不成立の指摘が入った。両力士は取組を中断して互いに手を取り合って一礼。その後、正面審判に一礼すると、あらためて互いに一礼していた。

 2度目の立ち合いは成立し、再度右手を出して鋭く突っ込む北勝富士に対し、突っ張って前に出た千代大龍が圧力で押し切って勝利。千代大龍は押し出しで3勝目を挙げ、敗れた北勝富士は今場所初黒星となる1敗目を喫した。ABEMAで解説を務めた元小結の旭道山は「よく見ていましたね、千代大龍さんは」とコメントした。

 巨漢力士が繰り返し「すみません」と一礼するシーンに、視聴者は「礼儀正しい両者」とほっこり。さらには「まだまだ」「立ち合いって大事」といったコメントなどが相次いで寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】「すみません…」力士の振る舞いにほっこり
【映像】「すみません…」力士の振る舞いにほっこり