将棋界きっての好青年・中村太地七段、苦手のお化け屋敷で撃沈 里見香奈・咲紀姉妹は爆笑「お腹痛い!」
番組をみる »

 将棋界きっての好青年も、苦手のお化け屋敷の前には、手も足も出なかった。女流による早指し団体戦「第2回女流ABEMAトーナメント」で本戦トーナメントに進出しているチーム里見の里見香奈女流四冠、清水市代女流七段、里見咲紀女流初段が、恒例のチーム動画に出演。これに監督を務める中村太地七段も同行し、移動型のお化け屋敷で、チームのテーマに掲げている「不動の心」を鍛える企画に挑戦した。当初は里見姉妹が怖がる様子を見守るだけと思われていたが、監督もチームの一員だと急遽体験することに。「本当に嫌なやつ、来たー」と顔をひきつらせながら挑戦すると、予想通りに絶叫の連続。これに里見姉妹が大笑いすることとなった。

【動画】恐怖体験&ぶりっ子ポーズの中村太地七段

 中村七段といえば、タイトル経験もある棋力の持ち主であるとともに、その誠実な人柄から、将来の将棋界を背負って立つとも言われている人物。この大会では里見姉妹、レジェンド清水女流七段という濃いキャラクターが集まったチームをうまくまとめ上げ、予選突破に導いた。

将棋界きっての好青年・中村太地七段、苦手のお化け屋敷で撃沈 里見香奈・咲紀姉妹は爆笑「お腹痛い!」

 本戦を前に、さらに不動心を鍛え、チームの結束を高めようという肝試し企画に、里見姉妹が怖がる様子を楽しんで見ていたが、いざ自分の番がやってくると「うわー!」「やばいよ、そこ」「怖っ!」と悲鳴を連発。里見姉妹も、自分たちの怖がる様子を見られていたお返しとばかりに、監督が怖がり続ける様子を見て「お腹痛い!」と笑い続けた。

 結果的に、里見姉妹の10回を大きく超える33回の悲鳴がカウントされた中村七段は、パンダの被り物をして渾身のぶりっ子ポーズをすることに。「怖かったぞっ」と照れまくりながらやりきると、ファンからも好評の声が相次いだ。なお、中村七段は、選手として参加した「第4回ABEMAトーナメント」チーム羽生の動画でも、うさぎの耳をつけた様子が公開されており、同大会では選手、監督という異なる立場で被り物姿を見せるという“快挙”を達成した。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】恐怖体験&ぶりっ子ポーズの中村太地七段
【動画】恐怖体験&ぶりっ子ポーズの中村太地七段
【動画】里見香奈・咲紀姉妹、ファンが絶賛した渾身のぶりっ子ポーズ
【動画】里見香奈・咲紀姉妹、ファンが絶賛した渾身のぶりっ子ポーズ
【動画】実はノリノリ?清水市代女流七段のぶりっ子ポーズ
【動画】実はノリノリ?清水市代女流七段のぶりっ子ポーズ