古田敦也氏、日ハム新庄監督に「会いたくない」理由は? 「戦えば戦うほど意味がわからない」
番組をみる »

 18日、北海道日本ハムファイターズは新庄剛志監督が率いる来季のコーチングスタッフを発表した。新庄監督の背番号については、4日の就任会見で「僕が『1番』つけます」と話していた通り、現役時代と同じ「1」を背負うことも正式に明かされた。

【貴重対談】新庄氏の監督就任、古田敦也氏&原晋監督はどう見た?(映像あり)

 就任会見では「監督って皆さん呼ばないでください。“ビッグボス”でお願いします」「優勝なんか一切目指しません。高い目標を持ちすぎると選手ってうまくいかないと思う」など、名言を連発した新庄監督。はたして、新庄監督は結果を残すことができるのだろうか。

 18日、ニュース番組『ABEMAヒルズ』に出演した元ヤクルト監督で野球解説者の古田敦也氏は、新庄監督の印象について「よく(野球で)戦ったが、何を考えているかよくわからない」とコメント。

古田敦也氏、日ハム新庄監督に「会いたくない」理由は? 「戦えば戦うほど意味がわからない」

 「“狙い球”も何を狙っているのか、ぜんぜんわからない。普通は『こういうバッティングをしてくるんじゃないか』とか、過去のデータを集めていろいろ考えるが、彼には一切通用しない。だから、会いたくないんですよ。何考えているかわかんないヤツと(野球を)やるのって一番いや(笑)。こっちが『こうやって裏をかいてやろう』と思って、打ち取っても、打ち取れなくても意味がわからない。彼と戦えば戦うほど、意味がわからなくなってくる」

 同日は青山大学陸上部監督の原晋氏も番組ゲストに登場。原氏から「野球界が大きく改革がされるのではないか。これも新庄監督の作戦なのでは」と質問が飛ぶと、古田氏は「球界は陸上界とちょっと違うところがあるが、これは作戦じゃないと思う」とキッパリ。

「ただ、能力は高い。足も早いし、身体も僕らよりすごい作り込んでいる。何もやっていないフリして、やっているのが新庄だ。やっていないとあんな身体にならない。だから、見えている情報だけを信用してしまうと騙される」

 一方で、古田氏は「新庄監督は新しいことを選手の目線で考えられる存在だと思う」とした上で「選手にとっては、新しい監督に新庄が来て、何をやるかわからないが、とにかくPR効果があるのは間違いないとわかる。地元局しか来ない状態だったキャンプ取材も、日本全国から取材が来るようになる。それは目に見える。取材陣がこんなに来て、生放送や新聞一面に載るなんてことが連日続いてくると、ファンも増えるし、何より注目される。それが選手のやる気やモチベーションアップにもつながるだろう」と分析した。

古田敦也氏、日ハム新庄監督に「会いたくない」理由は? 「戦えば戦うほど意味がわからない」

 すでに「ファンが選ぶスタメンの試合を検討」「試合中にインスタライブを決行」「選手全員が一軍の試合に出場」といった計画を明かしていている新庄監督。これらは、実現できるのだろうか。

 古田氏は「ファンが選ぶスタメンの試合は、試合数的にはできるだろう」と回答。「ファンも適当な選手は選ばない。ちゃんとした選手に票が集まると思う。1回うまくいったら、何回もやるかもしれない」と述べた。

「ただ、3つ目の『選手全員が一軍の試合に出場』は現実的に難しいと思う。勝敗度外視にしても、実際には怪我をしている選手もいるし、体調不良者も出る。全員が出るのは難しいと思うが、目指してみるのはいいと思う。若いのに2軍で『どれだけ頑張っても試合に出れない』といった気持ちになっている選手もいる。そういう意味で希望を与えるような『チャンスがあったら試合に出すよ』というメッセージ。これはプラスに働くと思う」

 また、新庄監督が結果を残せるかどうかについて「注目は上がるが、戦力は別の話だ。どうなるか、メンバーも多少変わるかもしれないし、それも含めてぜんぜんわからない」とコメント。「プロ野球で今年優勝したのは、オリックスとヤクルト。これは去年最下位同士だ。野球は、本当に何があるかわからない。楽しみにしましょう」と胸を弾ませた。

(『ABEMAヒルズ』より)

【映像】新庄剛志が日ハム監督に 古田敦也氏&原晋監督と語るリーダー論
【映像】新庄剛志が日ハム監督に 古田敦也氏&原晋監督と語るリーダー論
【映像】「MARCH対抗戦2021」立案の原晋監督が生出演
【映像】「MARCH対抗戦2021」立案の原晋監督が生出演
【11月24日(水)17時〜】箱根駅伝の新たな前哨戦に「MARCH対抗戦2021」
【11月24日(水)17時〜】箱根駅伝の新たな前哨戦に「MARCH対抗戦2021」
【映像】古田敦也「こんなに金になると思わなかった」野球を始めた父親の一言
【映像】古田敦也「こんなに金になると思わなかった」野球を始めた父親の一言