「ダメだ、ダメだ!」重量級の壮絶KOに実況絶叫 カウンター被弾でフリーズ→前のめりダウンに騒然
【映像】フリーズ→前のめり…壮絶KO決着 »

「ダメだ、ダメだ! この一撃があるから重量級は目が離せない」

 重量級のクロスカウンター決着に被弾した選手が一瞬フリーズ。その後、ゆっくりと前のめりに崩れ落ちる壮絶KOの劇的な幕切れに実況が思わず声を上げた。

【映像】フリーズ→前のめり…壮絶KO決着

 11月20日に後楽園ホールで開催された「Krush.131」。ブハリ亜輝留(WSRフェアテックス幕張)とジュリオ・セザール・モリ(ブラジリアンタイ/team Mori)の対戦は、互いが終始足を止めて打ち合う激しい攻防の末、3ラウンド中盤、渾身の右を打ち抜いたジュリオが“一撃”で前のめりKOに仕留めた。

 現在、新階級の設立に向けて複数の選手がアピールしている中重量級。試合は序盤からブハリがジャブやカーフキックで打って出れば、対するジュリオはフックやアッパー、ボディなどバリエーションある攻撃で至近距離での殴り合いに応じてラウンドを終える。

「ダメだ、ダメだ!」重量級の壮絶KOに実況絶叫 カウンター被弾でフリーズ→前のめりダウンに騒然

 2ラウンドに入っても両者ダウンには至らないものの、ガード上からゴツゴツと打ち合う激しい攻防が続いていく。これには視聴者からも「我慢比べだ」「双方結構打たれているように見えるが、何故倒れない?」といった声も聞かれたが、ABEMAの解説を務めた石川直生も「ガードが出来てるとはいえ両者脳が揺れているはずなので、本当に頑丈です」と驚いた様子だ。

 3ラウンドもほぼ互角の攻防が続くなか、ラウンド中盤に劇的な幕切れが訪れた。ブハリの右に合わせてジュリオがカウンターで右フックを撃ち抜くと、183センチのブハリの巨体がガクりとグラつき、次の瞬間、前のめりにダウン。意識はあるが、うつ伏せに倒れたブハリは目を見開いたまま焦点が定まらない様子。これを見たレフェリーが試合をストップした。

 リプレイ映像を見ると、ジュリオの右がブハリのアゴをピンポイントで打ち抜く見事なクロスカウンターが。これに脳が揺れたブハリは力が抜け、一瞬フリーズ。その後、前のめりに崩れ落ちた。危険なダウンシーンに場内が騒然となる中、勝ったジュリオは拳を突き上げて喜びを爆発させた。

【映像】フリーズ→前のめり…壮絶KO決着
【映像】フリーズ→前のめり…壮絶KO決着
「朝倉未来の蹴りを避けた」ゴマキ弟・祐樹、あわや“顔面”被弾! 反射神経にネット騒然 最長激闘に称賛も | ニュース | ABEMA TIMES
「朝倉未来の蹴りを避けた」ゴマキ弟・祐樹、あわや“顔面”被弾! 反射神経にネット騒然 最長激闘に称賛も | ニュース | ABEMA TIMES