指し盛り&食べ盛り 野原未蘭女流初段、先輩棋士の熱戦中「めっちゃ、おいしそう!」にファン爆笑「そっちに夢中」「大物感あるわ」/将棋・女流ABEMAトーナメント
番組をみる »

 なんでも吸収できる高校生の時期ともなれば、将棋は指し盛り、ご飯は食べ盛りだ。女流による早指し団体戦「第2回女流ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント準決勝・第2試合、チーム加藤とチーム伊藤の対戦が11月27日に放送された。チーム加藤のメンバーである野原未蘭女流初段は18歳の女子高生。他の女流棋士がほぼ先輩だらけという状況の中、昨年秋のデビュー以来、10代らしからぬ将棋を披露し続けている。ただ、そんな野原女流初段も、盤を離れれば普通の女子高生。おいしそうなものがあれば、ついついそちらに目を奪われるのも仕方がない、といった珍シーンが生まれた。

【動画】先輩2人にかわいがられる野原未蘭女流初段

 野原女流初段は「英春流」という戦術の使い手として知られ、史上初めて女子で中学生名人にもなった。強気の攻めが特徴ではあるが、盤面全体を見渡すバランス能力にも優れ、いずれはタイトル戦にも登場するだろうと言われる逸材だ。この試合では室谷由紀女流三段の前に2連敗を喫しながらも、3局目には石本さくら女流二段に快勝。負けの悔しさと勝利の喜び、さらにチームメイトで先輩の加藤子清麗、香川愛生女流四段、監督の渡辺明名人(棋王、王将)の激励とアドバイスにより、指すごとに力をつけていくと評判にもなっている。

 男性棋士の藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖)と同じく、将棋界に現れた新たな10代のスター候補ではあるが、緊張から解放された盤外では、18歳らしさも見せた。第2局、香川女流四段が相手のリーダー伊藤沙恵女流三段と熱戦を繰り広げているところ、作戦会議室でこんなやりとりが生まれた。

 加藤清麗 なるほどね。よくわからない呼吸だ。6三歩は?6三歩、7二玉?

 野原女流初段 (弁当のふたを開けて)めっちゃ、おいしそう!

 加藤清麗 おいしそうだね…。

指し盛り&食べ盛り 野原未蘭女流初段、先輩棋士の熱戦中「めっちゃ、おいしそう!」にファン爆笑「そっちに夢中」「大物感あるわ」/将棋・女流ABEMAトーナメント

 盤上はまさに勝負どころといった局面で、加藤清麗が必死に手を読んでいるところ、その横でおいしそうな弁当に目を奪われていた野原女流初段に対して、ファンからは「そっちに夢中」「未蘭ちゃん大物感あるわ」「急においしそうw」と笑いに満ちたコメントが殺到。ファン同様にモニタでこの様子を見ていた渡辺名人も「このタイミングで弁当開けますかね」と、半ば呆れた様子でボヤいていた。

 なお、香川女流四段が勝利して戻ってきた後のオーダー会議中、次の対局が出番となった野原女流初段に、渡辺名人は「弁当食いたいって言っていたけど、大丈夫?一局やってから食ってください」とチクリ。これには野原女流初段も、苦笑いするしかなかった。

◆第2回女流ABEMAトーナメント 第1回は個人戦として開催され、第2回から団体戦に。ドラフト会議で6人のリーダー棋士が2人ずつ指名し、3人1組のチームを作る。各チームには監督棋士がつき、対局の合間にアドバイスをもらうことができる。3チームずつ2つのリーグに分かれ総当たり戦を行い、上位2チームが本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールール。チームの対戦は予選、本戦通じて、5本先取の9本勝負で行われる。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】先輩2人にかわいがられる野原未蘭女流初段
【動画】先輩2人にかわいがられる野原未蘭女流初段
【動画】試合後には全員が号泣したチーム伊藤
【動画】試合後には全員が号泣したチーム伊藤