斎藤慎太郎八段、超早指しで絶好調!予選4局で全勝「厳しいブロックで結果が出た」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
番組をみる »

 関西のイケメン王子が、超早指しで絶好調モードだ。「第1回ABEMA師弟トーナメント」予選Aリーグ1位決定戦、チーム深浦とチーム畠山の対戦が12月31日に放送され、チーム畠山の斎藤慎太郎八段(28)が、チーム深浦の深浦康市九段(49)に2勝、佐々木大地五段(26)に1勝と、チームの3勝全てを稼ぐ活躍ぶりを見せた。予選Aリーグ1回戦、チーム井上との対戦でも、稲葉陽八段(33)に勝利。予選で計4局指し、全て勝利する完璧な結果を出した。

【動画】予選で4戦全勝の斎藤慎太郎八段

 勝てば本戦出場が決まる1位決定戦。師匠・畠山鎮八段(52)が、チーム深浦・佐々木五段に連敗する中、斎藤八段は自身を着々と超早指しモードに仕上げていった。第2局は深浦九段に序盤からリードを奪われ、最終盤にも絶体絶命のピンチに追い込まれたが、数秒単位の指し手が続けば逆転劇がいつでも起こり得るフィッシャールールの特性を信じて、必敗の状況から勝負手を連発すると、これが実って逆転勝利を手に入れた。また第4局も深浦九段と戦うと、両者ともに不慣れな序盤になったが、慌てなかったのは斎藤八段の方。慎重な指し回しが有利、優勢へとつながり、対局後には「割といい戦いができた」と自賛する快勝譜を作り上げた。

斎藤慎太郎八段、超早指しで絶好調!予選4局で全勝「厳しいブロックで結果が出た」/将棋・ABEMA師弟トーナメント

 スコア2-2で、本戦出場をかけた最終局にも師匠から背中を押されて出場すると、先手番から相掛かりの出だしに。佐々木五段に押し込まれたように見えたが、じっくり耐えて勝機を待つのも斎藤流。持ち時間でも一時は3分ほどリードを奪われても慌てず辛抱した結果が、後の逆転勝ちにつながった。

 チームとしては2連勝で本戦進出だが、師弟ともに一線級で活躍する棋士が集まったAリーグは激戦と呼んでいた。「厳しいブロックに入ってしまったと思ったんですが、結果は出ました。本戦に向けては、それを自信にしたいです」と、激流を乗り切ったことを本戦での活躍に変える。初代のチャンピオン師弟になるためには、斎藤八段の個人連勝が、さらに伸びることが必要だ。

◆第1回ABEMA師弟トーナメント 日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の着想から生まれた大会。8組の師弟が予選でA、Bの2リーグに分かれてトーナメントを実施。2勝すれば勝ち抜け、2敗すれば敗退の変則で、2連勝なら1位通過、2勝1敗が2位通過となり、本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで、チームの対戦は予選、本戦通じて全て3本先取の5本勝負で行われる。第4局までは、どちらか一方の棋士が3局目を指すことはできない。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】本戦出場を決めたチーム畠山
【動画】本戦出場を決めたチーム畠山
【動画】予選で4戦全勝の斎藤慎太郎八段
【動画】予選で4戦全勝の斎藤慎太郎八段