藤井聡太竜王、過去4回優勝の朝日杯はベスト8で敗退「内容をしっかり振り返りたい」直近10局6勝4敗で年度勝率は8割を切る
番組をみる »

 将棋藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖、19)が1月16日、第15回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント2回戦で、永瀬拓矢王座(29)に敗れた。午前中に行われた船江恒平六段(34)との対局は終盤の競り合いを制して勝利したが、午後に行われた永瀬王座との一局は中盤から奪われたリードを巻き返せずに敗戦。過去4回優勝の朝日杯では初めてベスト4を逃すとともに、直近10局では6勝4敗に。年度勝率では藤井竜王としては珍しく8割を切ることとなった。

【動画】敗戦を悟り思い切り「がっくり」した藤井聡太竜王

 昨年は棋聖、王位を防衛、さらに叡王、竜王という順に奪取に成功し、現在最多の四冠で棋士の序列1位に立ったが、周囲のライバル棋士のマークもあってか、ここ最近は驚異的な勝率を誇った藤井竜王からすれば苦しい戦いが続いている。昨年11月に豊島将之九段(31)から竜王位を奪取し、最年少四冠を達成した時には「藤井時代の到来」という声もみるみる増えていったが、その豊島九段と戦った将棋日本シリーズ JTプロ公式戦で敗れると、3日後に行われた永瀬拓矢王座(29)とのALSOK杯王将戦の挑戦者決定リーグ戦でも敗れた。

 その後は順位戦B級1組で近藤誠也七段(25)、ALSOK杯王将戦七番勝負の第1局で渡辺明王将(名人、棋王、37)に勝利したが、朝日杯では船江六段に勝ち、永瀬王座に負け。直近10局で6勝4敗と黒星が2つ先行すると、2021年度の成績は59局で47勝12敗、勝率.7966と珍しく8割を割り込んだ。

 そもそも通算勝率、さらには年度勝率が毎年のように8割を超えること事態が驚異的なことではあるが、トップ棋士を相手にしてもその勝率が下がらなかったことが、藤井竜王の強さを示していたところもある。永瀬王座に敗れた後のインタビューでは「序盤は部分的に若干主張を通した部分があったかと思うんですが、その後に攻め込まれる展開になったので、方針を誤ってしまったのかなと思います。中盤で攻め込まれてしまったので、もしかしたら判断ミスだったのかなと。結果は残念ですけど、内容をしっかり振り返って次につなげたいと思います」と語った。今年も挑戦中の王将戦七番勝負、さらに保持する4タイトルの防衛戦、A級昇級を目指す順位戦など、強豪との重要局が続くが、多忙な中で戦いながら調子を上げられるか。藤井竜王にとっては、試練の1月になった。
ABEMA/将棋チャンネルより)