「負けて土俵に上がる際、ジャンプする姿は初めて」元若乃花、力士の振る舞いに苦笑 視聴者「怪我してないよアピール」と推察
【映像】転落しジャンプして土俵上に戻る力士 »

大相撲一月場所>◇十四日目◇22日◇東京・両国国技館

 前頭九枚目・千代の国(九重)が前頭十一枚目・照強(伊勢ヶ濱)を押し倒しで下した取り組みで、敗れた照強が土俵上に戻る際、勢いよくジャンプ。これを受け、解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏が「負けて土俵に上がる際、ああいう姿というのは初めて見ましたね」と苦笑する場面があった。

【映像】転落しジャンプして土俵上に戻る力士

 “令和のソルトシェイカー”こと照強は立ち合い相手の足を取りに行くが、千代の国は冷静に対応。その後、千代の国は怒涛の攻めを見せ、最後は照強を押し倒しで下した。勢い余って照強が土俵下へと転落すると、千代の国は心配そうに駆け寄る場面も。すぐさま照強は元気そうに起き上がり、飛び上がって土俵へと戻った。

 この場面を受け、ABEMAで解説を務めた花田氏は「負けて土俵に上がる際に、ああいう姿というのは初めて見ましたね」とコメント。実況の清野茂樹アナウンサーは「先ほどのジャンプについては『身体能力』『すげぇ、ジャンプ』といったコメントも寄せられてますが、一方であまり賛成ではないというご意見も届いています。賛否両論のようですね」と状況を伝えていた。

 実際コメント欄を見ると「負けても盛り上げようとするてるつよ」「怪我してないよアピール」といった好意的な声から、「意味不明w」「なんでジャンプしたのか」などの否定的なコメントも寄せられていた。

(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】転落しジャンプして土俵上に戻る力士
【映像】転落しジャンプして土俵上に戻る力士