佐藤天彦九段、青嶋未来六段と174手の熱戦制す 午後2時からベスト4入りかけもう一局/将棋・朝日杯
番組をみる »

 将棋の朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント1回戦が1月25日に行われ、佐藤天彦九段(34)が青嶋未来六段(26)に174手で勝利した。佐藤九段は午後2時からベスト4入りをかけて、糸谷哲郎八段(33)と対戦する。

【中継】朝日杯本戦トーナメント 佐藤天彦九段 対 青嶋未来六段

 先手の青嶋六段が四間飛車を用いたところ、佐藤九段は居飛車で迎え撃ち、対抗形の将棋に。お互いがっちりと穴熊で囲い合ってからの力勝負となると、佐藤九段が先に馬を成り込み、青嶋六段の大駒にプレッシャーを与え始めたところから優勢に。その後は両者の穴熊が崩壊しては再建、さらに端玉をなんとか逃す、という応酬となったが、最後は双方の玉が向かい合うような超接近戦の中で佐藤九段が抜け出し、勝利を収めた。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。藤井聡太竜王が3回優勝したことでも知られている。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】朝日杯本戦トーナメント 三浦弘行九段 対 糸谷哲郎八段
【中継】朝日杯本戦トーナメント 三浦弘行九段 対 糸谷哲郎八段
【中継】朝日杯本戦トーナメント 佐藤天彦九段 対 青嶋未来六段
【中継】朝日杯本戦トーナメント 佐藤天彦九段 対 青嶋未来六段
【動画】藤井聡太竜王、朝日杯で敗れて「がっくり」シーンが話題に
【動画】藤井聡太竜王、朝日杯で敗れて「がっくり」シーンが話題に