KO直後に「中指立てて暴言」勝者の振る舞いが波紋 「愛しています、お姉ちゃん」マイクでのギャップにファン困惑
【映像】KO直後に“中指&暴言” »

 オープンフィンガーグローブで相手を豪快に殴り倒すKO劇。しかしその直後、敗者に向かって中指を立てて罵倒。「相手に敬意を」「マナーが悪い」など、視聴者から苦言が多く寄せられる一幕があった。しかし、マイクを握ると「いい子やん」「頑張れ」など、反応が二分する事態に。思わぬ展開に視聴者から困惑の声も上がった。

【映像】KO直後に“中指&暴言” 

 2月16日に新宿FACEで開催された「RISE FIGHT CLUB」でNovo(TARGET SHIBUYA)と長舩☆ライオン(心将塾)が対戦し、1ラウンド97秒、打ち下ろしの右で乱打戦を制したNovoがKO勝利を収めた。勝負が決した直後、興奮が冷めやらない様子のNovoが倒れた相手に「中指&罵倒」といった悪童ぶりを披露するなど波乱も。一方では、勝利後のマイクで明かした壮絶な貧困生活や家族愛が反響を呼んだ。

 昨年、RISEの大会で試験的に導入され、薄いグローブで殴り合う過激さから一躍注目を集めたオープンフィンガーグローブ(OFG)着用による初の大会。両者の対戦は、オープニングの入場からリングサイドで掴み合うなど、物々しい雰囲気で「喧嘩マッチ」の幕を開けた。

 試合は予想通り、序盤からパンチを振り乱す打撃戦。177センチとリーチで勝るNovoが、徐々に遠い距離からのパンチを当てはじめる。ラウンド中盤、Novoの右ハイが長舩の顔面をかすめると、Novoは一気に距離を縮めてパンチの連打を浴びせていく。一度グラつき足をついた長舩も気持ちで立ち上がるが、ヒザ、テンプルへの右など、容赦ない連打を被弾してたまらず天井を仰いで崩れ落ちた。

 アドレナリンが出すぎてしまったか、Novoはダウンした相手に向かって中指を立てる暴挙。一方の長舩はリングに這いつくばり、立ち上がろうとするも目線は定まらない。そんな様子を確認したレフェリーがカウント8でゴングを要求した。

KO直後に「中指立てて暴言」勝者の振る舞いが波紋 「愛しています、お姉ちゃん」マイクでのギャップにファン困惑

 ゴングが鳴っても興奮状態が収まらないNovoは、ダウンした相手をのぞき込むように何やら暴言を吐くと、セコンドに制されてコーナーに引き上げた。勝者の振る舞いにABEMAの視聴者からは「イキり過ぎ」「相手に敬意を」「マナーが悪い」「中指立てるのはさすがにダサすぎる」と批判が噴出した。

 そんなNovoだが、勝ち名乗りを受けると落ち着きを取り戻したか、様子は一変。いまだ立ち上がれない敗者に歩み寄り、ここでようやく敬意を示した。さらにマイクを取ると「貧乏なところから成り上がって、やっと普通のところまで来ました。クソボロいワゴン車、窓も手動で開けるようなクルマで、お母さんと毛布を持って入って寝たりしたところから。今、同じ境遇にいる子たち、頑張って一緒に成り上がりましょう。僕は金持ちになっても同じところにいます。その子たちの気持ちを忘れることがないし、ずっとここにいます。僕はやんちゃで友達もいなかったし、性格も悪くて…。でもずっと横にいてくれたお姉ちゃんの…今日は結婚式で。なので、おめでとうと言わせてください。愛しています、お姉ちゃん」と、真っ直ぐな目で語った。

 さきほどまでの振る舞いから一転、予想外のマイクに視聴者も困惑。「いい子やん」「地獄だな、頑張れ」「あれ、いいヤツ?」といった声が。最後はOFG戦で成り上がった同門で先輩のYA-MANに向かって「YA-MANさんより俺の試合面白いでしょ? YA-MANさん観てたらラインください(笑)」と陽気な一面も見せた。

【映像】KO直後に“中指&暴言”
【映像】KO直後に“中指&暴言”
【映像】意外な一面を見せたマイク
【映像】意外な一面を見せたマイク