2日、3月26日にシンガポールで行われるONE Championshipの10周年記念大会『ONE X』の記者会見が行われ、同大会で因縁の対決を迎える青木真也秋山成勲が顔を合わせた。しかし、会見の途中で桜井“マッハ”速人が乱入。マッハの言動に「格が下がる」と憤りを露わにした青木が「もう、会見やめようよ」と言い放った。

【視聴する】青木vs秋山 因縁の2人が激突!

 両選手においては、DREAM時代に秋山に対して青木から対戦要求が寄せられたが、階級の違いなどもあり実現せず。その後、秋山がONE Championshipと契約したことを機に、対戦への期待が高まっていた。また昨年11月に行われた『Road to ONE』では、解説席にいた秋山に対して、青木が「ケガを理由(秋山は筋断裂と説明)に対戦を断った」として問い詰め「お前、何で断ったんだよ! おい、言えよ。嘘つくんじゃねぇよ。おい、何とか言えよ、この虚構がよ。おい、笑い事じゃねぇんだよ。何とか言えよ、早く」などと激しく詰め寄る場面もあった。

「もう、会見やめようよ!」青木真也が怒り露わ 「vs秋山成勲」会見に桜井“マッハ”速人が乱入で“ひと騒動”

今日の会見は静かに始まったが、マッハが突如、質問のマイクを握ると状況は一変。

マッハ:体重落とせるの?

秋山:正直、体重は厳しい。水抜きの無い77なので。

マッハ:あのさぁ、もういいよ。なんで青木に合わせたんだよ? 自分の体重でやればいいじゃん。

秋山:言ったんだけど、俺の階級に来るとやっぱ重いから、半分で行こうかと言ったら。青木選手が「それはダメだ」と。そうなるとやっぱり、ONE Championshipの社員であり、アスリートであり、、、

マッハ:(発言を遮って)もういい。青木、なんだよ。受けてやればよかったじゃないか。

「もう、会見やめようよ!」青木真也が怒り露わ 「vs秋山成勲」会見に桜井“マッハ”速人が乱入で“ひと騒動”

 ここで静かにやり取りを聞いていた青木が「先輩…酔っぱらってくるなよ。帰れよ。この酔っ払い。しらふで来いよ」と話を遮り「時系列で言うと、昨年4月に秋山が階級を1個落としている。下げると言っている。だから、この試合のために落としたわけじゃない」と秋山の主張に反論。

 さらに表情をこわばらせ「会見やめようよ。面白おじさん大集合になっている。格を下げるだけだよ。恥ずかしいよ、こっちもこっちも(秋山とマッハを交互に指さし)」と怒りを露わにした。

 その後、マッハの登場について問われた青木は「一つ盛り上がるうえで必要であるとすれば仕方ない。必要悪だと思う」と一定の理解を示した。また“フィニッシュの形”について問われた両者。秋山が「話せない」としたのに対して、青木は「両者リングアウト」と答えた。

 事前のABEMAインタビューで「最後まで意地を見せてやりましょう」と不敵な笑みを浮かべた青木に対して、「本当のケンカを見せてやるよ。まぁ、待ってろ」と静かに語った秋山。“最凶2人の対決”と称された試合の結末は、3・26にいよいよ判明する。

【視聴する】「ONE X」"青木 VS 秋山" 日本格闘界最凶の2人、まさかの激突
【視聴する】「ONE X」"青木 VS 秋山" 日本格闘界最凶の2人、まさかの激突
青木真也、秋山成勲に激高! 「お前、何で断ったんだよ! 嘘つくんじゃねぇよ」
青木真也、秋山成勲に激高! 「お前、何で断ったんだよ! 嘘つくんじゃねぇよ」