愛知出身・藤井聡太竜王に朗報 トヨタ自動車の協力で名古屋に対局場が6月新設 順位戦の対局を予定
番組をみる »

 将棋界のスター藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)に朗報だ。日本将棋連盟は3月16日、現存する東京・将棋会館、関西将棋会館に次ぐ公式対局拠点として名古屋対局場(仮称)を6月に新設すると発表した。場所はミッドランドスクエアで、トヨタ自動車株式会社の名古屋オフィス内になる。行われる対局は、2022年度から始まる第81期順位戦が予定されている。愛知県瀬戸市出身の藤井竜王の大活躍もあり、名古屋が新たな「将棋のまち」になりそうだ。

【動画】藤井聡太竜王、A級入りを決めた順位戦B級1組最終戦

 今回、名古屋に新たな対局拠点が生まれた理由は、中部・東海エリアにおける将棋の一層の普及・発展を目的としたもので、東西両将棋界の交流促進を図る狙いもある。名古屋対局場の新設にあたり、日本将棋連盟・佐藤康光会長は「このたび、トヨタ自動車様にご協力を賜り、名古屋対局場開設の運びとなりました。近年は藤井聡太竜王をはじめ、中部・東海エリア出身の棋士・女流棋士の活躍が目覚ましいですが、より一層の将棋文化の発展と中部・東海エリアの地域活性化に努めてまいります。」とコメントを発表した。

 愛知県出身の棋士としては藤井竜王のほか、豊島将之九段(31)が同県の一宮市出身。昨年、両者間で行われた叡王戦五番勝負も、第3局と第4局が名古屋市で行われ、ご当地棋士の熱戦に大いに盛り上がった。他にも棋士、女流棋士が多数活躍している。

 五冠を保持する藤井竜王は、防衛戦のために各地を飛び回る。また新たにタイトル挑戦となれば、さらに移動が増える。その他の棋戦でも東京と大阪に移動することになっていたが、A級入りを決めたばかりの順位戦が名古屋で指せるとなれば、移動の負担も軽減。さらに研究にじっくりと時間が使えることにもつながりそうだ。

【動画】藤井聡太竜王、A級入りを決めた順位戦B級1組最終戦
【動画】藤井聡太竜王、A級入りを決めた順位戦B級1組最終戦
【動画】藤井聡太竜王、A級入りを決めた順位戦B級1組最終戦