炎鵬、土俵下に背中からダイレクト落下 痛み気にせず「どっち勝った!?」と表情きりり
番組をみる »

大相撲三月場所>◇四日目◇16日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 十両十一枚目・炎鵬(宮城野)が十両十三枚目・島津海(放駒)に小手投げで敗れ、今場所初黒星を喫した。土俵際で惜しくも敗れた炎鵬に、ファンからは「これは悔しい負け方」といった声が寄せられた。

【動画】土俵下に落下する炎鵬

 立ち合い前まわしを取って攻めた炎鵬。だがすぐに切れると左四つの体勢で組み合い、力強く前に出る相手に押されて土俵際へと後退。最後はまわしを掴んで起死回生の下手投げを打つも、島津海の小手投げで飛ばされ黒星を喫した。

 敗れた炎鵬は土俵下へと背中から落下。際どい勝負だったこともあり、背中の痛みも気にせずすぐに起き上がると、精悍な表情を浮かべて行司に目をやった。勝敗を確認した炎鵬はため息をつくように肩で呼吸し、館内からは健闘を称える大きな拍手が沸き起こった。

 勝負への執念を見せた炎鵬の際どい相撲内容に、視聴者からも「惜しい」「落ちた」「これは悔しい負け方」といった声が相次いで寄せられた。
ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】土俵下に落下する炎鵬
【動画】土俵下に落下する炎鵬
【動画】土俵下に頭から突っ込んだ北勝富士
【動画】土俵下に頭から突っ込んだ北勝富士