将棋ファン・SKE48鎌田菜月がドラフト予想 藤井聡太竜王はベテラン&若手の融合か「木村一基九段が入ったら…」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 今年もやってきた将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」。個人戦だった第1回から続く超早指しの真剣勝負に加え、団体戦となった第3回からはエンタメ性抜群のチーム動画、仲間のためにさらに必死に戦う姿などが将棋ファンの心を打っている。将棋好きアイドルのSKE48鎌田菜月も毎年欠かさずチェックし、注目のドラフト会議の前には予想にも挑戦している。藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)を中心にイメージを膨らませていったところ、アイディアとして浮かんだのは今回リーダーから外れたものの、大会で活躍してきた木村一基九段(48)の存在。「木村先生が藤井先生のところに入ってくれたら、めっちゃうまく回してくれそう」と、異色の組み合わせを想像した。

【動画】ドラフトについて語る藤井聡太竜王

 第1回から個人・団体通じて4連覇。公式戦同様、無類の強さを誇っている藤井竜王に対して、同じ愛知出身の鎌田も、ただ驚くばかりだ。「勢いが止まらないですよね。この前『次は竜王だ』なんて言っていたら、本当に竜王のタイトルを取っちゃったし。今年のABEMAトーナメントのビジュアルを見たんですが、すごく大人になったなあというのが第一印象でした(笑)。勝負師の顔をされているというか『最強感』がありますよね。前は挑戦者という感じだったのに」と、好成績とともに人間としても成長している藤井竜王に感心しきりだ。

 また、このABEMAトーナメントで活躍する棋士が、後に公式戦で結果を出すことも、かなり広まってきている。代表的なのは昨年、チーム藤井のメンバーとして戦った伊藤匠五段(19)が新人王戦で優勝、2021年度の勝率でも.815で首位に立っている。またチーム糸谷に入った服部慎一郎四段(22)は加古川青流戦で優勝、叡王戦でも勝ち進み、挑戦権獲得にあと1勝だ。「若手の方の活躍が目まぐるしいと最近、特に感じますね。この大会で新たな推しが見つけられるのも楽しみです。チーム動画もファンの方は対局と同じぐらいに楽しみにしています。エンタメとして将棋を楽しめるのは、この大会の強みですよね」と、新たなスター候補生の登場にも胸が踊る。

 ドラフト会議に参加する14人のリーダーのうち、今回は藤井竜王、永瀬拓矢王座(29)、菅井竜也八段(29)の3人について予想してみた。まずは優勝候補の本命、藤井竜王から。「また若手で固めてくるとしたら伊藤匠先生なんですけど、今回人気になっちゃうと思うんですよね。あと気になるのが、岐阜出身の高田明浩四段。過去に師匠の杉本昌隆八段も一緒に食事に行ったところがテレビでも放送されていたので」と、まずは藤井竜王と同学年、2002年生まれの2人を考えた。ただ、ここで思い浮かんだのは強いベテランの存在。前回までリーダーだった木村九段は、今回は指名を受ける側に回っている。「上の世代の方を指名するとなると、急に難しくなりますね。でも木村先生がリーダーから外れているから…。もし木村先生が藤井先生のところに入ってくれたら、めっちゃうまく回してくれそう。木村先生と高田先生、いいな、それ!」。藤井・伊藤・高田の「10代トリオ」からアレンジを入れて、藤井・木村・高田という異色の3人組に。棋力とエンタメ性を兼ね備えた興味深いチームだ。

 続いて永瀬王座。将棋に対してのストイックさは、将棋界でも随一と言われる。当然、勝負にも徹底してこだわる。「ここに伊藤匠先生を入れてみます。増田康宏六段は、ずっと指名されているから外さない気がするんですよね。増田先生は、他の棋士の方とあまり交流がないというお話もされているので、そこは固いと思います。あとは、そこの高見泰地七段が入ってもおもしろそうですよね。『メガネいっぱい』みたいな。一時期、永瀬先生と高見先生の見分けがついていないことがありました(笑)」。最終的には、真っ先に考えた永瀬・増田・伊藤というチームで決めた。

将棋ファン・SKE48鎌田菜月がドラフト予想 藤井聡太竜王はベテラン&若手の融合か「木村一基九段が入ったら…」/将棋・ABEMAトーナメント

 そしてチーム菅井。昨年は尊敬する居飛車党のベテラン2人を指名したが、やっぱりファン心理としては振り飛車が見たい。「菅井先生は銀河戦と朝日杯で優勝されて、改めて早指しで振り飛車が強いというのを証明されましたよね。久保利明九段は指名されると思うんです。もう一人は鈴木大介九段。指名したくなる要素がたくさんあると思う先生です。菅井先生はこのお二人に囲まれたら、どんなことをしゃべるんでしょうね」と、振り飛車党で固めたチームの会話を考えただけでもおもしろくなってきた。

 回を追うごとに盤上の戦い方も、仲間を見守る作戦会議室も、盤を離れたチーム動画の収録もグレードアップしているABEMAトーナメント。鎌田も「回数を重ねている楽しさ、新鮮な楽しさ、一緒に楽しめたらいいですね」と目を輝かせた。注目のドラフト会議は4月2日。果たして鎌田の予想は当たっているのか。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】ドラフトについて語る藤井聡太竜王
【動画】ドラフトについて語る藤井聡太竜王
【動画】ドラフトについて語る藤井聡太竜王