「うわっ、これは…」魔裟斗が絶句した衝撃KOに視聴者騒然「芸術的な倒れ方」「心配になる倒れ方」との声も
【映像】魔裟斗が絶句した衝撃KO »

 ヘビー級の一戦で、フルスイングの右フックを交わされ、がら空きになった顔面に打ち下ろしの左が炸裂。あまりの衝撃に体が180度回転しながら仰向けになってマットに崩れ落ちる衝撃KOに、K-1レジェンドの魔裟斗でさえ「うわっ、これは…」と言葉を失った。

【映像】魔裟斗が絶句した衝撃KO

 4月3日に国立代々木競技場の第一体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K’FESTA.5~」で加藤久輝(West A / ALIVE)と愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が対戦。試合は3ラウンド、愛鷹の右フックをよけた加藤が愛鷹の右顔面に豪快な一撃をたたき込んで一撃KOを飾った。体が回転しながら床に崩れ落ちる衝撃的なダウンシーンに視聴者からも「芸術的な倒れ方」「心配になる倒れ方」といった様々な反響が寄せられた。

 3連敗中の加藤と、4連敗中の愛鷹。ともにクルーザー、ヘビーと重量級のトップファイターとして実績を残してきた両者だが、この日開催された K-1無差別級トーナメントではリザーブファイトにまわっていた。

 試合は序盤から強烈な左ミドルに加え、リーチを活かした加藤の左ストレートが際立つ。ラウンド後半には加藤の左右の連打で愛鷹の足元がフラつく場面も。
 
 2ラウンド、加藤の102キロの巨体がフワりと浮いたかと思えば、次の瞬間、スーパーマンパンチ。前ラウンドから一転、愛鷹の攻撃に足を使いながら、軽くキックやパンチ、ヒザと合わせいく。愛鷹がなかなか前に出れない状況にABEMAで解説を務めた魔裟斗も「加藤が愛鷹の動きを見切っている。周りながら上手く当てている」と巧みな試合運びに言及した。 

「うわっ、これは…」魔裟斗が絶句した衝撃KOに視聴者騒然「芸術的な倒れ方」「心配になる倒れ方」との声も

 3ラウンド、愛鷹が強引に前に出て勝負に出るが、加藤は冷静に下がりながらカウンターで左ジャブ、ボディと当てていく。再び愛鷹がフルスウィングの右フックを放つと、バランスを崩し、がら空きとなった愛鷹の顔面目掛けて加藤が打ち下ろすような渾身の左フックを一閃。

 グシャっと音を立て顔面を捉えた一撃に愛鷹は反転しながらもんどり打ってダウン。衝撃的なダウンシーンに魔裟斗も「うわっ、これは…」と絶句。最後の力を振り絞って体を起こした愛鷹だったが、痙攣して立ち上がることが出来ず、カウント3でレフェリーがゴングを要求した。

 試合後に魔裟斗は「(加藤は)最後のパンチは今までのパンチと違って力が入っていましたね」と狙いどおりの渾身の一撃について言及。ゲスト解説の関根勤も「テクニックが上がっていますよね。強くなっている」と述べ、MMAから立ち技に転身して進化し続ける39歳・加藤の強さに驚いた様子だった。

【映像】魔裟斗が絶句した衝撃KO
【映像】魔裟斗が絶句した衝撃KO
ラウンドガールがドン引き “狂拳”の振る舞いに「引きつってる」「かわいそう」同情の声
ラウンドガールがドン引き “狂拳”の振る舞いに「引きつってる」「かわいそう」同情の声